質問者

闇金の電話を着信拒否しても大丈夫でしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

着信拒否すれば、他の連絡先に取り立ての連絡が行く事になるでしょう、また闇金を激怒させる行為の一つなので法外な利息を請求されるか、嫌がらせで報復してくる可能性が極めて高くなると言えます。

奥野弁護士奥野正智司法書士

本人が着信拒否をしたとしても、その他教えている職場や家族に連絡がいくだけなのであまり意味がありません。

闇金の電話を着信拒否したりLINEをブロックするリスク

闇金は電話やLINEを使って取り立てを行う

闇金業者は近年、非対面形式の業者であることがほとんどです。それらは一般的に090金融と呼ばれ、直接顧客と対面する事を一切せずに勧誘や融資、取り立てまでも行います。
その活動に使われるツールは携帯電話です。090金融が台頭してきた当初は電話番号のみを使って活動している事がほとんどでしたが、昨今は090金融の対策も少しずつ強化され、警察の捜査の手が及べば電話番号を強制停止させられてしまうリスクも高まっています。
闇金業者の中にはそのようなリスクを回避するため、電話を使わずLINEを利用して融資や取り立てを行っている所もあります。あるいは融資だけはLINEで希望者を募り、その後の督促行為については電話を行ってしている業者もあります。
闇金業者が使用する携帯電話は基本的にトバシの携帯です。他人名義で契約されているためそもそも痕跡を残しにくく、更にLINEを利用して活動している業者については余計に実態がつかみにくくなっています。

着信拒否によって被害の拡大が起こる

090金融が行ってくる取り立ての手段は直接的なものではありません。非対面であるため顧客に対して直接なんらかの危害を加えることは基本的になく、そのため電話番号の拒否やLINEのアカウントをブロックしてしまえばしつこい取り立て電話からは一先ず逃れられる事となります。
ところがこう言った着信拒否やブロックと言った手段は事態を悪化させるだけにすぎません。闇金による電話を着信拒否したり、あるいはLINEをブロックしたりすることで、勤務先などの緊急連絡先へと取り立てが及んでしまうためです。
闇金業者は顧客へ実際の勇姿を行う前、緊急連絡先として家族や会社の電話番号を登録させておきます。それによってもしも顧客本人が支払いに応じなくなってしまった時、次に取り立てる相手を手元に保有して担保としているのです。
また、緊急連絡先への嫌がらせもさることながら、嫌がらせそのものが激化するリスクも生じます。着信拒否をすると言う事は、闇金の求めに応じない旨の意思を明確に示した事となります。それを受けた闇金が感情的になってしまえば余計に関係がこじれてしまうため、事態の悪化を避けられなくなるケースがあるのです。

闇金を着信拒否(ブロック)して生じうる嫌がらせ

勤務先、ご家族への取り立て電話

闇金業者が顧客本人の次に狙う相手は勤務先や家族ですが、第一に発生する嫌がらせは執拗な取り立て電話です。
取り立て電話を闇金から受けた事がない人であれば、催促されるだけであるなら耐えられるのではないかと考えるかもしれません。しかし実際にはそこまで簡単な話ではありません。
闇金業者が行う取り立て電話の階数は常軌を逸しています。一日に何十回と立て続けにかけてくるだけではなく、回線がパンクしてしまうほどの鬼電を実行してくる事もあります。
鬼電とは回線がつぶれるような回数の電話をし続ける悪質な行為ですが、これを会社に対して行われてしまった場合には業務妨害に発展するケースもあります。闇金に教えてしまった勤務先の番号が仕事で常用している番号であれば、その回線を簡単に切断してしまうこともできないでしょう。しかしかと言ってそのままにしていても闇金からの電話が鳴り続けてしまうため、業務に支障が出てしまうのは避けられなくなります。

ピザなどイタズラの出前注文

闇金の嫌がらせ手口の一つに、ピザや寿司などのデリバリーを勝手に注文して送りつける行為があります。聞いただけでは大したことのないような嫌がらせですが、実際に送られてくる量は十人前や二十人前のあり得ない品数です。
もちろん勝手に注文されたメニューであるため金銭の支払い義務はありませんが、闇金はこのようになりふり構わず嫌がらせをしかけてきます。
さらにこう言ったタイプの嫌がらせは一般企業のデリバリーサービスだけではなく、救急車や消防車などの公的な機関を呼びつける行為もあります。

自宅や勤務先のお隣さんへの嫌がらせ

闇金が嫌がらせのターゲットにするのは段階があります。まずは借りた本人である顧客であり、次には顧客の勤務先や家族です。しかしそれ以上に事態が悪化してしまえば、自宅周辺にいる無関係の第三者や、勤務先のお隣さんにまで手が及んでしまうことがあります。
闇金業者は手に入る情報があれば片っ端から利用していきます。全く関係のないところにまで被害が及んでしまうこともあるため、そうなる前に早い段階での対処が求められます。

闇金の被害を拡大させない為に

闇金を着信拒否(ブロック)すると関係各所へ被害が拡大する事となります。しかし着信拒否せずに闇金の言いなりになっていても、事態が収まるどころか延々と支払いを続けさせられる事になってしまいます。
そのため闇金トラブルに陥り「苦しいな」と感じたら、迷わず専門の弁護士に相談しておくことが推奨されます。専門家への相談は、職場などの関係各所に被害を拡大させない唯一の方法と言えるでしょう。
闇金弁護士は適切な交渉術を熟知しており、スピード解決を必須としているため被害拡大前に早ければ即日で終結させられます。口座凍結や電話番号の停止などと言った強硬手段に出ることも不可能ではないため、闇金業者も弁護士の介入があった時点で手を引く事が多いのです。よって困ったときには専門の弁護士に相談する事が最善となります。