質問者

闇金による嫌がらせ期間はどれくらいでしょう?我慢して止まるものでしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金からの取り立て、嫌がらせを我慢すれば、いずれ嫌がらせは終了致しますが、どのようにお金を借り、どのように返済しているのか、またどのような個人情報を教えているかによって嫌がらせの期間もレベルも変わって行きます。
又、闇金の忙しさや闇金の性格にもよるので一概にどの程度まで続くかは未知数ですが、数週間~数カ月と言えるでしょう。

奥野弁護士奥野正智司法書士

法律職などが介入しないと返済をしない、業者が摘発されない限り続きます。我慢して止まるというものではありません。

闇金の嫌がらせは我慢していても終わらない

闇金による嫌がらせは根本解決をしない限り収まることはありません。取り立て電話に応じて言われるがまま金銭を支払ったとすれば、金を払う客とみなされて何度も何度も振り込みを要求されます。しかしそうかと言って取り立て電話に出なければ、「お前が払わないなら家族に取り立てをする」などといった脅しをかけられる事になる為、なるべく早く、根本解決をする必要があるのです。

放置することで闇金の被害が家族や会社へと広がる

仮に闇金業者からの取り立てを無視して携帯電話の電源を終日オフにしてみれば、闇金業者が次に狙いを定めるのは顧客の緊急連絡先です。
闇金業者にとって緊急連絡先とは担保です。本人が支払いをしなくなれば必ずと言っていいほどターゲットを移します。家族を巻き込んでしまう事になれば、闇金は相手が老人であっても子供であっても一切の容赦はしません。事態が悪化すれば自宅の隣人などにまで取り立て電話が行く事もあるため、その場しのぎの対処をしたところで事態は悪化するだけです。

無抵抗で闇金の嫌がらせを受け続けると全てを失う

顧客の勤務先への取り立て開始

緊急連絡先として会社の番号を登録していれば、会社に対して取り立て電話が入るようになっていきます。
闇金業者が会社に電話をする時に良く使う手法が鬼電(おにでん)と呼ばれる手口です。一日に何度も立て続けに取り立て電話を入れる事により、回線をパンクさせて会社の業務を妨害します。

闇金から電話をされることで勤務先に居られなくなることもある

このような被害が会社に引き起こされた時、会社側が問題視するのは闇金の顧客となってしまった従業員の素行です。コンプライアンスのしっかりしている会社であればある程従業員の身辺にも厳しく、闇金と繋がっているような人間を信用したり昇進させたりする事はできないと判断されてしまいます。そのようにして会社での立場が悪くなるばかりではなく、最悪の場合には解雇を申し渡されるケースまであるのです。
闇金業者からの嫌がらせを大人しく受けていれば事態が収まるだろうと楽観視するのは厳禁です。会社からの信用を失い社会的な立場を失墜させるきっかけにもなりかねません。

闇金から犯罪に巻き込まれるケース

闇金業者からの取り立てや嫌がらせを受け入れ続けた結果、いつの間にか犯罪者にされてしまっていたというケースも多く、実際に逮捕者が出ているほどです。

例えば、闇金業者と関わっていると「銀行口座やスマホを契約して送って欲しい」と、話を持ち掛けられることがあります。

「返済を遅らせてやる」「利息をチャラにしてやる」などと甘い言葉で話を持ちかけられ、その条件として口座を開設させる、あるいは携帯電話の利用契約をまずはさせます。そして顧客の名義で作られた口座や契約された携帯を闇金業者に対して送るように命じられるのです。

闇金に渡した口座、スマホは犯罪に使用される

闇金業者に渡った顧客名義の口座やスマホの使い道は、闇金の営業や、振り込め詐欺などの犯罪です。

そしてどこかでその行為が警察にマークされ、捜査の流れで口座や携帯の名義を割り出されてしまった時、顧客本人の名前があることから闇金の仲間であると疑われることがあります。
このようにして犯罪加害者に仕立て上げられてしまえば社会的信用性はマイナスにまで失墜するでしょう。この他にも銀行に対する詐欺行為としてブラックリスト入りしたり、携帯端末の支払い請求が後々まで継続したり、闇金の言葉に従ってしまうと様々なトラブルに発展していくのです。

日本国内で銀行口座が作れなくなります。

闇金に渡した口座が警察の要請で凍結されてしまうと、全国銀行協会に名義が共有され、同名義人の銀行口座が全て凍結してしまいます。

それだけでなく、その後、同名義人にて日本全国で銀行口座を開設することも出来なくなるのです。

そうなってしまうと、お給料を受け取ることも出来なくなってしまい、社会復帰は相当に厳しくなってしまう為、口座を渡してしまった方は早めに闇金業者と縁を切り、渡した口座の処理を考える必要があります。

 

闇金の嫌がらせは即日で終わらせましょう。

闇金の嫌がらせは詳しい弁護士が介入すると当日で終わります。

闇金の嫌がらせは闇金に強い弁護士や司法書士が間に入ることで、その日の内に収まることがほとんどです。

闇金特化型の弁護士事務所の取り立て、支払いをストップさせるのにかかる費用は1社あたり5万円前後です。

早ければその日のうちに取り立てがストップするため、現在、周りを巻き込む前に事態を鎮静化させる唯一の手段と言えます。
費用の支払いがすぐには難しい場合、事務所によっては後払いや分割払いに対応している所もあります。また電話相談だけであれば無料で実施している事務所もあるため、闇金の言いなりにならずにまずは相談だけでもしてみると良いでしょう

早めの相談をすることで非常時に動ける準備をしましょう。

以上のように闇金トラブルはおとなしく事態が収まるのを待っていてもなんの改善にも至りません。自己判断で闇金の指示に従ったり闇金を無視したりする事は最も危険な行為です。家族や会社を巻き込むだけではなく、場合によっては回復できないほど自分自身の社会的信用性を傷つけてしまう事さえあります。
これらの事態を防ぐためにも、まずは早い段階で専門の弁護士への相談を行いましょう。