闇金の取り立て被害者

令和の闇金の怖さとは?その実態について

質問者

近年の闇金の実態はどの様になっているのでしょうか?(暴力行為などは行われていますか?)

奥野司法書士奥野正智司法書士
ここ数年は、申込み・貸付・返済をインターネットや電話でやり取りし、遠隔で操作する手法がほとんどです。
闇金が姿を現すことはなく、被害者とも直接接触しない闇金が大部分を占めます。
「090金融」や「ソフト闇金」、「LINE闇金」と呼ばれるものであり、ドラマや映画でイメージする闇金とはかなり実態は異なってきています。
正野弁護士正野嘉人弁護士
ここ数年間の闇金は申し込み、貸付け、返済まで全て電話で行い、事務所の所在を明かさず被害者と一切接触をしないことがほとんどです。

闇金業者は逮捕されないことを第一に考えているので、警察が本格捜査に入る可能性が高まる様なことを避けます。

その為、ドラマや映画の様な、「闇金が暴力を振るう」「拉致監禁する」「闇金が家や勤務先へ直接来る」ということは、ほとんどありません。

令和の闇金は電話だけで営業するタイプの業者がほとんど

2019年時点での闇金業者は、店舗を持たずに携帯電話と銀行口座のみで営業している業者が9割以上を占めています。(通称090金融、ケータイ金融などと呼ばれています)

今の闇金業者は逮捕を避けることを第一と考えていることもあって、直接家に来たり、暴力行為によって取り立てを行うことはほとんどありません。

しかし、だからと言って危険性が無い訳ではなく、その分取り立ての悪質さが陰湿なものへと変わっています。

令和闇金はSNSやネットを使いこなす

闇金業者の集客手口
  • Twitterで個人融資を名乗る
  • まっとうな金融業者を装ったホームページを使う
  • 堂々と「ソフト闇金」を名乗りホームページから集客をする

近年の闇金業者は上記の様な手口で顧客を集めています。やり取りではLINEが使われることも多くLINE闇金と呼ばれる業者も増えてきています。闇金業者はインターネットやSNSを積極的に取り入れています。

家に来たり、暴力を働くことは無い代わりに、被害者を精神的に追い詰める

質問者

暴力や家に来ることが無いということですが、
どうして被害者はヤミ金の言いなりになってしまうのでしょう?

正野弁護士正野嘉人弁護士

ヤミ金は被害者から聞き出した個人情報を人質に、被害者を生かさず殺さず一生お金を巻き上げるのが仕事で、嘘と恐喝で自分らの要求に屈服させてきます。

被害者は勤務先や自宅、関係先に連絡、嫌がらせをされたくない故に、ヤミ金の言いなりにならざるを得ないのだと思います。

元々本人よりも勤務先や関係者、親族等を攻撃された方が、被害・ショックが大きいので、あらかじめそのために会社・関係者等の電話番号も聞き出すのです。

闇金業者は「勤務先や関係先に連絡をされたくない」と言った弱みを恐喝に使うために、貸付前に本人の勤務先や家族や友人の連絡先を聞き出しています。

闇金の取り立て手口にはどんなものがある?

質問者

実際に闇金の取り立てはどの様に行われるのでしょうか?

奥野司法書士奥野正智司法書士

まず勤務先や自宅に取り立ての電話がかかってきます。
酷くなると勤務先の近隣店舗や自宅の近隣住民にまで被害が拡大することがあります。
また、頼んでもいない出前やタクシー、葬儀業者を次々と呼ばれたり、救急車・消防車を呼ばれたりします。

闇金の取り立て手口は主に3段階

闇金による取り立ての手口は、本人や勤務先、親戚縁者への電話攻撃から始まります。
そして、闇金の取り立て手口は主に3段階にエスカレートしていきます。

1段階目、本人や勤務先への電話

闇金の取り立ての第一段階ではまず本人に対して脅迫めいた督促が電話やLINEにて行われます。

闇金業者への支払いが出来なかったり、連絡を無視することで闇金の取り立ては勤務先や親族へと向かい、2時間に渡って電話をかけ続けたり、FAXを数百枚送るなどして回線をパンクさせるなどの営業妨害を行います。この電話攻撃は「鬼電(おにでん)」と呼ばれています。

2段階目、頼んでいない出前を大量に届けたり、救急車両を呼びつける

ピザなどの出前を本人や勤務先へと大量に届ける嫌がらせも、闇金業者が良く使うものの一つです。

他にも救急車や消防車をサイレンを鳴らしながら向かわせたり、霊柩車を呼びつけることもあります。

3段階目、本人、勤務先のご近所へ同様の取り立てを行う

嫌がらせが3段階目になると、闇金業者は上記した嫌がらせを本人や勤務先のご近所へと行います。

闇金の嫌がらせは、放置していると最終的に全くの無関係の者へと被害が拡大することになってしまいます。

【2019年増加傾向】女性に多く行われる裸の写真を脅迫に使う手口

貸付前に被害者から裸の写真を送る様に指示し、支払えなくなると被害者のLINE上の友人へ写真をばら撒くというものです。

写真は脅迫に使われてしまうため、闇金業者から写真を求められても送ってしまわない様にお気をつけ下さい。

2019年に増加している手口です。

闇金の取り立て対策

闇金と向き合う上で知っておいて欲しいこと

質問者

闇金から借金をしてしまった方が知っておくべき知識はありますか?

奥野司法書士奥野正智司法書士

闇金の貸付金は、不法原因給付(民法708条)となるので、借りた元金さえも返済する義務はありません。但し、返済しなければ報復行為として、嫌がらせを受けてしまいますので、正面から立ち向かおうとせずに専門の法律家へ相談するようにしてください。

大前提闇金への返済義務は無い

闇金からの借金は元本さえも返済義務がないものとされています。不法原因給付(ふほうげんいんきゅうふ)と言う法律を守っていない貸付であり、公序良俗に反するということから返済義務が認められない貸付となります。

闇金の解決は専門の法律家への相談が望ましい

闇金は弁護士や司法書士など、闇金対応のノウハウを持った法律家が介入することで、依頼者からの取り立てを諦める傾向にあります。

闇金が法律家の介入後に取り立てを諦める理由は主にこの3点です

  1. 法律家を敵に回すと警察の本格捜査により逮捕される確率が高まる
  2. 闇金の商売道具の携帯電話、口座を強制凍結されることで営業に支障が出る
  3. 闇金の間で「あの事務所が入ったらこれ以上お金が取れない」ということが浸透している

警察は闇金について相談しても「相談止まり」になってしまうことが多い

質問者
警察では闇金との縁を切ることは難しいのでしょうか?
奥野司法書士奥野正智司法書士

警察の生活安全課が相談窓口になりますが、「民事不介入」の原則もあり、正直、積極的に対応してもらえません。

闇金への警告連絡や携帯番号停止手続きをとってもらえる場合もありますが、被害が生じている箇所への個別対応や対策説明は期待できないのが現状です。
警察だけでなく、闇金対応を扱っている弁護士・司法書士事務所にも相談される方が早期解決に繋がります。

警察に闇金相談をしても、相談止まりになってしまい、被害届けさえ受理してもらえないことが多いのが現状です。

警察への相談は全くの無駄という訳では無いかも知れませんが、出来る限り早い段階で専門の法律家へと相談しておくことで早期解決へとつながります。

周囲へ連絡をさせずに解決するには?

闇金業者は「支払いが遅れる」「連絡を無視する」「闇金の融資を断る」というきっかけから、本人や周囲へと取り立てを開始します。

その為、闇金が動く前に法律家を介入させ、業者との関係を断つことで、関係各所への連絡を未然に防ぐことが出来る可能性が高いです。

嫌がらせ以外にも注意しなければならないことはある?

 

闇金が口座とスマホを要求してきても渡してはならない

闇金業者は銀行口座や、スマホを契約して郵送してくる様、要求してくることがあります。

しかし、銀行口座の譲渡、スマホの譲渡は、それぞれ違法行為となり、警察から取り調べを受ける可能性があります。

銀行口座の譲渡について

正野弁護士正野嘉人弁護士

口座の譲渡、売買は立派な犯罪です。

既に何人かの方が銀行に対する詐欺罪として逮捕されております。

尚、渡した口座は全国の闇金被害者からの返済口座に使われるので、遅かれ早かれ警察、または銀行によって凍結されてしまうのです(以下省略)

上記の記事にも書いてありますが、闇金に口座を渡してしまうと逮捕の恐れがあるだけでなく、同一名義人の口座が全て凍結され、日本全国で口座の新規開設が出来なくなってしまう恐れがあります。

スマホを契約して譲渡する行為について

正野弁護士正野嘉人弁護士

SIMカードを入れたまま郵送すれば、そのSIMカードで全国の被害者連絡用に使われてしまい、遅かれ早かれ警察に強制停止させられ、闇金の一味と思われ、捜査の対象になりかねません。

このSIMカードも口座と同様、他人への譲渡、売買は契約上、禁止されておりますので携帯会社に対する詐欺罪と考えれられます。

闇金からは「直ぐに返す」「解約料はこちらで払う」などの約束は一切守ってくれませんので渡してしまいますと大変な事になります。

闇金業者への携帯電話やスマートフォンの譲渡も、違法な行為とされています。実際に闇金へ携帯電話を譲渡したことから逮捕者も出ていますので、渡してしまわない様にご注意ください。

まとめ

  • 闇金の取り立て手口は電話、出前、救急車両を呼ぶなど遠隔で行われる
  • 闇金は個人情報を人質に取ることで被害者からお金を脅し取る
  • 闇金の取り立てを止めるには専門の法律家へ相談すると早期解決につながる
  • 闇金からの口座、スマホ譲渡の要求に応じると大変なことになるので注意

今回、回答して頂いた正野弁護士が言う様に、闇金は被害者を生かさず殺さずで一生お金を巻き上げることを仕事にしています。

闇金は金融業者ではなく、恐喝集団なのだという意識を持って、防犯にあたって頂きたいと思います。

以上、「闇金業者の取り立て手口と、その対策について」という内容でした。