質問者

闇金に申し込んだだけでキャンセルした場合でも会社に嫌がらせをされることはありますか?

奥野弁護士奥野正智司法書士

最近、この被害が多発しています。速やかに闇金被害対策を専門している司法書士、弁護士にまずは相談されるようにしてください。

闇金のキャンセル料請求について

キャンセル料請求について

闇金へのキャンセル料は支払う必要がない

闇金業者が要求してくるキャンセル料については、当然ながら支払う必要がありません。ですが闇金が要求してくるキャンセル料の金額は1万円から数万円です。決して払えない金額ではなく、これで事態が収まるのであればと思って振り込みをしてしまう人もいます。
ところが、闇金の要求を呑んで振り込んでしまうと、「脅せばお金を落とすカモ」だと判断されてしまい、次々に振り込みを求められる事となります。早くトラブルから逃れたいからと言っていいなりになるのも厳禁です。
勤務先や家族などの個人情報を渡している前であれば無視してしまう事によって、業者がそのまま引き下がる可能性もあります。

取り立てを無視してはいけないケース

勤務先を闇金業者に伝えていたら電話される可能性が高い

ヤミ金が職場に電話をかける

闇金業者に緊急連絡先として勤務先を教えてしまっていると、例え実際にお金を借りていないキャンセル料請求であっても勤務先まで取り立て電話が掛かってくることがあります。

闇金業者は勤め先の従業員に融資希望者の誹謗中傷を行ったり、取り立て電話を何度も入れて業務妨害を行います。

口座を教えていると「押し貸し」を受ける危険性も

押し貸し

融資申し込みの時点ですでに口座情報を登録してしまっている場合、その口座に対して頼んでもいない金を勝手に振り込まれる事もあります。
これを一般的に「押し貸し(おしかし)」と言いますが、振込の実績がある以上闇金もそう簡単には引き下がらなくなります。万が一押し貸しされた金を使ってしまったとすれば事態は深刻化する一方ですので、キャンセルする前に口座情報を渡してしまっているのであれば解約などの手続きも視野に入れておかなければなりません。

個人情報を知られている場合は専門の法律家へ

闇金に強い弁護士

闇金業者からのキャンセル料請求は無視しておけば収まるケースもありますが、勤務先などの情報を渡している場合には第三者に嫌がらせが発生し巻き込むことになってしまいます。

そのためたとえ融資自体はキャンセルした人であっても、闇金からの何らかの被害を受けていたり、不安要素があれば速やかに闇金に詳しい法律家に相談しておくことが望ましいです。
闇金に強い弁護士や司法書士が電話で交渉する事によって、闇金業者にキャンセル料の取り立てをやめさせます。

闇金業者もキャンセル料であれば取り立てが成功しなくても損失が無い為、闇金に詳しい弁護士や司法書士が出てきた時点で、すぐに被害者から手を引く事が多いです。