質問者

闇金に申し込んだだけでキャンセルした場合でも会社に嫌がらせをされることはありますか?

奥野弁護士奥野正智司法書士

最近、この被害が多発しています。速やかに闇金被害対策を専門している司法書士、弁護士にまずは相談されるようにしてください。

闇金のキャンセル料請求について

キャンセル料請求の経緯

現代の闇金業者の主流形態である090金融の名前の由来となっているのは、チラシ広告に表示された090の番号から始まる連絡先を受けての呼び名でした。登録をしている正規の金融業者であれば携帯電話を連絡先に指定する事はありません。法律で固定電話を設置しておくことが義務付けられているためです。しかし自分たちの活動実態をぼかしたい闇金は店舗を構えず携帯電話のみで融資を行い、それによって090で始まる連絡先を記したチラシが街中に多く貼られたのです。
ところが昨今の闇金業者は融資の募集をインターネットを使って行うことが多くなってきました。あからさまに怪しいチラシには目を向けない人であっても、クリーンな外観を誇るきちんとしたホームページを前にすれば、その実態が闇金であるなど想像する事もできないかもしれません。
ですがいざ融資の申し込みをしてみた後、あまりにも甘すぎる審査に不信感を抱いてしまう事もあるでしょう。保証人が不要な金融機関がまともな業者であることは考えにくいです。多重債務者でも借りられるとなれば余計に不信感は募るでしょう。
そこで一度は金に目がくらみ融資の申し込みをしてしまった物の、やはりキャンセルをする人も中にはいます。そしてこのように誘い込んだ融資希望者がキャンセルを行った時、闇金業者は無料のキャンセルはできないと言ってキャンセル料を請求してくるのです。

キャンセル料は支払う必要がない

闇金業者が要求してくるキャンセル料については、当然ながら支払う必要がありません。ですが闇金が要求してくるキャンセル料の金額は1万円から数万円です。決して払えない金額ではなく、これで事態が収まるのであればと思って振り込みをしてしまう人もいます。
ところがここでおとなしく要求を呑んでしまえば次々に振り込みを求められる事となるだけです。早くトラブルから逃れたいからと言っていいなりになるのも厳禁なのです。
闇金業者はそもそも違法な組織であり、たとえ契約を結んだ後であっても元金や利息を支払う必要はないとされています。そのため闇金から請求されるキャンセル料は絶対に払わないほうが身のためです。個人情報を渡している前であれば無視してしまう事によって最善の解決へと繋がるケースもあります。
キャンセル料の請求であれば闇金も実際に金を貸したわけではありません。そのため取り立てに応じなければそのまま引き下がる可能性もあります。

取り立てを無視してはいけないケース

勤務先を闇金業者に伝えていたら電話される可能性が高い

闇金業者のキャンセル料請求は、原則的には無視によって事態が収まるのを待つことが有効です。ただしこれには条件があり、自分や第三者に関する情報を闇金に知られていない場合に限ります。
仮にもし緊急連絡先として会社の番号を教えてしまっている場合、闇金業者は会社に対して取り立てを行う場合があります。勤め先の従業員に融資希望者の誹謗中傷を行ったり、が美重なる取り立て電話を執拗に淹れたりしてくるなどの行為が考えられるでしょう。

押し貸しを受ける危険性も

融資申し込みの時点ですでに口座情報を登録してしまっている場合、その口座に対して頼んでもいない金を勝手に振り込まれる事もあります。
これを一般的に押し貸しと言いますが、振込の実績がある以上闇金もそう簡単には引き下がらなくなります。万が一押し貸しされた金を使ってしまったとすれば事態は深刻化する一方ですので、キャンセルする前に口座情報を渡してしまっているのであれば解約などの手続きも視野に入れておかなければなりません。

第三者を巻き込む二次被害

たとえ融資を途中でキャンセルしていたとしても、緊急連絡先を登録していれば周囲に危害がいってしまう事も多いです。会社や家族に度重なる取り立て電話を入れ、会社では業務妨害に当たるほどの鬼電を繰り返してくる事も予測されます。
会社は当然ながら業務で電話回線を使っているため、闇金からの悪質な嫌がらせを受けていても簡単に回線を遮断してしまう事はできません。その一方で立て続けに取り立て電話が入ってくるため客からの連絡に応じる事ができず、結果として業務妨害にまで発展してしまうケースもあります。
仮に途中で思い留まりキャンセルをしたとしても、闇金から金を借りようとした人と言う評価が被害者本人についてしまう事となります。そうなれば会社での立場は悪くなり、コンプライアンスに厳しい企業の従業員なら昇格が絶望的になる場合もあるでしょう。さらに悪い事態へと進めば解雇を言い渡されるリスクも生じます。

個人情報を知られている場合は専門の法律家へ

闇金業者からの借金は無視しておけば収まるケースもありますが、場合によっては嫌がらせが発生したり第三者を巻き込んだりする所まで被害が広がります。そのためたとえ融資自体はキャンセルした人であっても、闇金からの何らかの被害を受けているのであれば速やかに専門のプロへと相談しなければなりません。
闇金対応になれている弁護士のほとんどはキャンセル料の問題についても対処する事が可能です。電話で交渉する事によってキャンセル料の取り立てをやめるよう求める事ができ、早ければその日のうちに取り立てがストップする事もあります。
闇金業者もキャンセル料であれば取り立てが成功しなくても損失は受けません。弁護士が出てきた時点で自分たちの立場が不利になったと悟れば、すぐに被害者から手を引く事が多いです。