闇金との関わりを断つのに欠かせないのが闇金との交渉に長けた弁護士、司法書士です。

法的な観点からの助言を受けることができ、闇金トラブルのような争いのある事案では依頼者に代わって代理人として闇金業者との交渉してくれます。

今回は弁護士の闇金対応にかかる費用について解説します。

 

闇金問題を扱う弁護士の費用はいくら?

  • Duelパートナー法律事務所・・・1社に付き5万円(税別)
  • イストワール法律事務所・・・1社に付き5万円(税別)
  • ブライテスト弁護士法人・・・1社に付き5万5千円(税別)
  • ウイズユー司法書士事務所・・・1社に付き5万円(税別)
  • エストリーガルオフィス・・・1社に付き4万円(税別)
  • ウォーリア法務事務所・・・1社に付き5万円(税別)

 

闇金問題に特化した弁護士事務所や闇金トラブルの解決に力を入れている事務所を横断的に調査すると、闇金業者1社の解決までにかかる費用が5万円が相場となっています。

 

闇金弁護士の相談料はかかる?

相談料は相談するだけで取られる費用ですが、闇金対応に特化した弁護士は相談を無料で受け付けていることが多いです。

一般の弁護士の場合

※一般の弁護士の場合は相談は面談でのみ受け付けており、費用が30分に付き5000円かかります。

闇金弁護士の着手金はかかる?

弁護士による着手金というのは、その仕事をお願いする際に成功するしないに関わらず支払うものですが、こちらも闇金対応に特化した弁護士は徴収しないことが多いです。

闇金弁護士の解決費用はいくら?

闇金対応を実施している弁護士は、全費用を解決金(成功報酬)として受け取ることが多いです。

その額は1件につき約5万円が目安となります。

基本的には、5万円のうちの一部の前払いが必要になりますが、後払い分割払いに対応したところも多く、闇金被害者にとっても負担にならない配慮がされています。

弁護士の報酬自由化について

 

上の項で、闇金問題で弁護士を活用する際の大体の費用について見ましたが、一つ注意が必要なことがあります。

 

昔は弁護士の報酬は扱う業務によって大体の報酬が決められていて、各弁護士事務所で完全に自由な料金設定をすることはできませんでした。

 

しかし現在では弁護士報酬は自由化され、各事務所で自由に料金を設定することができるようになっています。

 

また相談料や着手金、成功報酬などの名目についても同様で、どんな名目でどのくらいの金額とするのかは弁護士が自由に決めています。

 

従って、中には前項で説明した報酬額や費用体系とは異なる弁護士事務所もあります。

 

ですから実際に弁護士に相談する際には、その事務所は相談するだけでもお金がかかるのか、闇金問題を解決してもらうには最終的にどのくらいの費用が必要になるのか、事前に各事務所に問い合わせる必要があります。

 

前払いで報酬を払ったはずなのに、それは実は着手金であって、後から別に成功報酬を請求されたという事案もあります。

 

ですから各事務所のHPで情報を収集したり、電話で具体的な金額を聞いておくようにしましょう。