質問者

闇金からお金を取り返せますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

結論から言うと、ほぼ無理と言えます。闇金が使っている口座を凍結し、その口座に被害金が残っていれば被害者救済法を使った方々で均等に返金される事はありますが、闇金は入金がある度に現金で引き出しをしているので、被害金が口座に残っている可能性は低いです。

奥野弁護士奥野正智司法書士

稀に凍結要請した銀行口座が犯罪利用口座だったとして、返還を受けることがありますが、基本的には取り返すことは厳しいと考えたほうがいいでしょう。

ヤミ金からお金を取り返せる?

闇金からお金を取り返す事は可能

闇金からお金を取り返す事は法的な見地から言えば可能です。過払い金請求と言うものは制度として認められているものです。高金利により余分に払ってきた金銭があれば、全額返還請求をする事ができます。
通常の消費者金融であれば法定利率を超えた分に関しての返金に留まりますが、闇金とは違法な業者であるためそもそも契約自体が無効となります。そのため払ってきた利息は全額返還を求める事が可能であり、さらには元金として支払った金銭も全額取り戻す事ができるとされています。
しかしこれはあくまで法律的に考えた場合の原則的理論にすぎません。実際の場面で返還を求められるかと言えば簡単ではないと言えるでしょう。
また、返還のための手続きを個人で行うことはできないため、スムーズに自己の権利を保全するためにも専門家の手助けが必須となります。

闇金からお金を取り返す方法

弁護士で交渉

闇金からお金を取り返すには弁護士への依頼が必要となります。取り立てが継続しているのであればまずは取り立てをストップさせ、その後から今まで支払ってしまったお金を取り戻してもらうこととなります。
またこれは司法書士であっても同様の依頼をする事が可能です。ただし弁護士と異なり司法書士事務所には扱える金銭額に上限が定められています。そのためもしも高額の返還請求が必要となる場合には弁護士にしか依頼する事ができません。
ただし闇金は小口融資が基本となっています。あまりに高額な案件となる事は多くないため、闇金対応になれていれば弁護士でも司法書士でも依頼する事は通常可能です。

被害回復分配金の支払申請を行う

闇金から金銭を取り戻すためには、被害回復分配金という制度を利用する事となります。弁護士に相談すればこの制度を活用して闇金から元金と利息を取り戻す事が可能となります。
これは元々振り込め詐欺の被害に遭った人達を救済するための措置ですが、闇金からの取り立て被害を受けた人も同様に利用する事ができます。

今まで払った利息を取り戻したい!

お金が返ってくる可能性は低い

被害回復分配金とは

被害回復分配金は、闇金業者が使う口座が凍結された際に被害者へと割り当てられる金銭のことを意味します。しかしここで一つ注意しておかなければならないのが、口座が凍結された時点でどれだけの金銭が残っているかという問題です。
たとえば弁護士に闇金トラブル解決の相談をした人がいるとして、その弁護士が被害者を救うために闇金の口座を凍結させる手続きを取ったとします。依頼人はこの口座の中から他の被害者達と割合的に平等な分の金銭を受け取れる事となります。これが被害回復分配金制度のメリットです。
ところがもしもこのとき口座の中に一銭も残っていなかったとすれば、たとえ口座を凍結させたとしてもなんの意味もありません。依頼人はもちろんのこと、その他の被害者も全員分配金を受け取る事はできないのです。

闇金の巧妙なやり口

闇金の事務所所在地がはっきりしていて口座状況も全て明確になっているとすれば、被害回復分配金の制度を利用する事によって多くの人が金銭の返還を受ける事ができるでしょう。しかし近年は取り締まりが厳しくなったことから、闇金は身元を隠して営業する090金融というタイプの業者であることがほとんどです。
090金融の厄介なところは活動の実態や形跡が不明瞭なところにあります。彼らは口座の中にお金が入金されればそれを直ぐに別口座へと移動させてしまい、警察や弁護士の要請で口座を凍結した時にはその口座の中にお金が残っていない可能性が高くなります。
さらに闇金業者が利用している口座のほとんどは他人名義のトバシ口座であることがほとんどです。そのため警察や弁護士は他の口座を特定する事が難しく、一つの口座を凍結しただけでは結局被害金の保全をする事はできなくなってしまいます。

申請しておかないと受け取る権利を失ってしまう

事前申請型の制度

法の目をかいくぐった闇金の汚いやり口により、被害回復分配金の制度を利用しても適切な権利保全が図れない事は少なくありません。しかしそれでもなお被害金の返還に望みを託したいと思う人も多いです。
被害回復分配金の制度を利用したいのであれば、上記のような結果論の他にもう一つ注意しておかねばならない点があります。それが事前手続きです。
被害回復のための分配金について予め申請をしておかないと、口座が凍結した後から申し出ても金銭を受け取る事はできなくなります。もしも闇金業者の口座にお金が残っていた場合であっても、申請をしていた人たちのみで分配される事となるため一切のメリットを受ける事もできなくなってしまうのです。

取り立て停止と被害金回復のセットの依頼

闇金対応について弁護士に依頼をしているのであれば、最初から被害回復分配金の支払い申請についても相談しておくと良いでしょう。
返還請求まで積極的に対処してくれる弁護士も中にはいます。しかし取り立てストップの依頼の場合は、基本的に金銭の返還を求めてくれるところまでは及ばない事が多いです。
被害の停止をするための交渉と権利の回復を求めるための手続きをセットでしておけば、もしも凍結口座に金銭が残っていた場合に、全額とまではいかなくとも金銭が戻って来るケースがあります。