質問者

闇金の取り立ては弁護士の対応で確実に止まりますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

未来の話し、相手が居る話しなので介入前に確実とは言い切れません。弁護士を介入させた結果、即刻終わる事もあれば、取り立てが続く場合もあります。取り立てが続く状況になったとしてもこちらのアドバイス通りの対応をすれば短期で取り立てが終わるケースが多いです。

奥野弁護士奥野正智司法書士

確実に止まります。
但し、時間を空けて再度取り立てをしてくるケースもあります。当事務所では、アフターフォローも徹底していますので、仮に再発したとしても、いつでも対応できるようにしています。

 

適切な法律家に依頼すれば「ほぼ確実に」止まる

闇金被害を専門の弁護士や司法書士に相談し、交渉を依頼することで「ほぼ必ず」と言える確率で闇金の取り立てをストップさせることができます。

ただし上記の様な高確率を実現させることができるのは、あくまでも闇金に強い弁護士や司法書士に依頼した場合に限ります。

失敗しない為に、闇金に強い法律家を見極める

闇金対応では事件の解決に独特の進め方や工夫が求められるので、経験やノウハウの無い法律家に依頼した場合は取り立てが止むどころか逆に事態を悪化させてしまうこともあります。

従って依頼する側としてもその弁護士が闇金事案にどれだけ強いのか、経験がどれくらい豊富にあるのかなどを見極めて依頼する必要があります。

闇金のトラブルに強い法律家はおよそ8割程度のケースで取り立てを即日でストップさせることができ、即日が無理であっても3日以内には闇金の不快な行為を収束させることができます。

弁護士でも取り立てを止めるのに苦労するケース

1.闇金を怒らせてしまっている

それまでの闇金とのやり取りの中で、借りパク行為とみられてしまった場合や、けんか腰の言動で闇金を怒らせてしまっている場合は、法律家が関与しても心理的なわだかまりからなかなか手を引かないことがあります。

2.高額の元本を返していない

基本的には闇金には1円も支払う必要はないのですが、例えば高額の元本を借りてそれを1円も返していないようなケースでは闇金側にも多額の赤字が出ますから、金銭的なダメージが大きい場合は法律家が関与してもなかなか取り立てを止めないことがあります。

状況を良く見て、必要な譲歩策を練ることが迅速な解決のために必要になることもあります。

3.専門家選びに失敗した

そもそも闇金に強くない、経験の浅い法律家に依頼してしまうとなかなか取り立てが止まず、逆に被害を拡大させる危険もあります。

家が近いなどの利便性よりも、その事案に特化した専門家を選ばなければなりません。

もし、家の近くに闇金に特化している弁護士が居なければ、他県で全国対応を受け付けている弁護士が居ないか探してみましょう。