質問者

闇金が顧客の会社(勤務先)に電話で取り立てするケースはどれくらいありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

結論から言うと遅かれ早かれ会社に連絡が行く可能性は極めて高いです。

闇金は嘘と恐喝で一生お金を巻き上げるのが仕事になります。よって理不尽な返済要求でもお金の支払いが出来なければ闇金から督促が行われ、それでも支払いが出来ないと関係各所へ取り立ての電話が及びます。

奥野弁護士奥野正智司法書士

返済を滞納している人で、職場の連絡先を教えている方であればほぼ間違いなく連絡がいきます。司法書士・弁護士が介入する事で嫌がらせを止める事が出来ます。

闇金業者の取り立ては会社へ向かう「きっかけ」

ヤミ金が職場に電話をかける

闇金の電話が会社(勤務先)へ向かうきっかけはこの3点です
  1. 闇金への支払いが滞り会社に連絡が入る
  2. 闇金の連絡を無視した為に会社へ連絡が入る
  3. キャンセル料の支払い請求など、闇金の要求を断った場合

闇金は完済させない!いずれ支払えなくなり嫌がらせを受けることになります。

闇金業者は完済をさせずに、いつまでもお金を脅し取ろうと考えています。
問題を放置していると、いずれ支払いが苦しくなり闇金業者の嫌がらせを受けることになってしまいます。

会社への嫌がらせを未然に防ぐ為にも、闇金対応に強い法律家へ早い段階で相談だけでもしておきましょう。

闇金の取り立てが会社へ向かうまで

闇金業者の嫌がらせ開始のきっかけは「闇金への支払いが滞る」「闇金からの連絡を無視する」という2点が主なものです。

また、「キャンセル料の支払い請求」など何かしら闇金の要求を断った場合にも闇金業者の嫌がらせが開始されることがあります。

この時、一度本人へ取り立てが行われ、それでも闇金の要求が果たされない場合に本人の勤務先や家族がターゲットとなることが多いです。

闇金に教えた個人情報に応じて被害は広がってしまう

闇金業者は緊急連絡先として、会社(勤務先)、家族、知人、関係者の職場といった情報を貸付前に集めています。

嫌がらせの被害は、闇金業者に教えた第三者の連絡先や住所が本人に加えてターゲットとなります。

闇金の緊急連絡先について

闇金から金を借りる際には他の消費者金融で借金をする時のような厳しい審査はありません。

そしてこのような融資の必要がない代わりに、緊急連絡先という闇金にとっての担保が回収されています。「家族や会社を巻き込まないために支払わなければならない」という被害者の心理を闇金が悪用している部分も大きく表れています。

闇金の電話や取り立てが会社へ向かう前に止める方法

ポイント
闇金が動く前に弁護士・司法書士を介入させることで、嫌がらせが開始される前に闇金との関係を終わらせることが出来ます。

  • 警察に相談しても取り立ては止まらない
  • 専門の弁護士が介入すると闇金業者は顧客から離れる
  • 「嫌がらせをさせない」という方針に理解のある弁護士・司法書士に依頼をしましょう

闇金対応に慣れている弁護士であれば、即日で解決することも可能

↓専門の法律家が介入した後の闇金業者の考え↓

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

正野弁護士に取材をしたところ相談に来られる闇金被害者のほとんどが、「勤務先に嫌がらせをされる前に闇金との関係を断ちたい」と望んでいるとのことでした。

もしまだ闇金から嫌がらせを受けていないのであれば、闇金が動く前に法律家を介入させることで、勤務先への連絡や嫌がらせを回避できる可能性が高いです。

弁護士や司法書士が闇金を諦めさせられるのはどうして?

闇金に強い弁護士
闇金に強い弁護士や司法書士は、闇金の口座凍結をさせたり携帯電話(スマホ)の利用停止をさせる手段を持っています。さらに警察と連携して逮捕に繋がるような証拠提示に協力する事も可能です。

闇金としては、この様な法律家が介入した時点で、その顧客から得られるデメリットの方が大きくなります。よって損得勘定から元利金の回収を諦めるという訳です。

個人の場合、警察は動きにくい

闇金問題に動かない警察

一般の方が闇金の相談をしても、警察は動いてくれないことがほとんどです。

警察にとって、闇金問題は個人の借金問題として捉えられている部分が残っており「無視してくださいね」と帰されてしまうケースも多く、この警察を動かすことに固執していると、その間に嫌がらせが激しくなり、被害が拡大してしまう恐れがあります。

警察から警告電話をかけて貰ったあと、嫌がらせが再発することが多い

また、根気強く交渉することで闇金に対して警告電話をかけてもらえることもありますが、その場だけ警察の言うことを聞いたフリをして嫌がらせが再発したり、エスカレートすることが多くなっています。(参考記事:闇金が警察に相談しても取り立てを止めない理由

警察への相談は全くの無駄では無いかも知れませんが、会社への連絡を未然に防ぐことは難しいでしょう。

闇金から会社に電話されても同じ職場で働くために

会社へフォローする闇金弁護士

  • 闇金に強い弁護士で即日で取り立てを止めること
  • その弁護士から会社に対してフォローの電話を入れて貰う事

闇金から会社に電話をされた場合、特に迅速な対応が求められます

闇金の取り立て電話が会社に入ってしまった場合、直ぐにでも闇金の行動を止めさせる必要があります。

そして、闇金に強い弁護士であれば、電話で受任してから、その日の内に取り立てを止めてしまうことがほとんどです。(参考記事:闇金は弁護士が入ると即日で取り立てを止める!その理由とは?)

また、闇金トラブルの全国対応を電話で受けているタイプの弁護士(司法書士)であれば、1分1秒を争う緊急事態に動ける体制を整えていることも多く、「電話で相談⇒依頼⇒取り立ての停止」までをその日の内に行えます。

弁護士や司法書士による勤務先へのフォローについて

会社に対してすでに取り立てが入ってしまった場合、弁護士は「依頼人は闇金から借りた訳ではなく、個人情報が漏れて悪用されてしまった」と会社にフォローすることもあります。

また、キャンセル料請求の場合にはその様なフォローが特に有効です。もちろんお金を借りた結果嫌がらせを受けてしまった場合であってもフォローは可能です。

早まって「責任をとって自主退職をしてしまう」というアクションを起こしてしまう方も多いのですが、その前に味方になってくれる法律家を探してみて下さい。

会社へと行われる嫌がらせの内容

回線がパンクするほどの電話

ヤミ金による鬼電

闇金業者は取り立て電話だけでなく回線がパンクするほどに電話を鳴らすこともあるのですが、この迷惑行為は通称「鬼電(おにでん)」と呼ばれています。

2時間程度、電話が鳴り続けることで業務が出来なくなるなどの影響が出てしまいます。

中傷FAXを会社へ送る行為

職場にFAXの嫌がらせを行うヤミ金

闇金による被害者に対する中傷FAXが数百枚送り付けられるという嫌がらせです。

本人の名誉や社会的地位が害されるだけでなく、会社の回線がパンクしたり、FAX機の用紙やインクを全て使い果たしてしまうという弊害があります。

闇金業者はLINE経由で本人の免許証や、写真を送信させることがあります。また、昨今の闇金業者はネットやSNSから顧客の顔写真を容易に入手することが可能です。

これらの写真は、SNSなどネット上で拡散されてしまう事もあれば、写真つきの中傷文書を会社に対してFAXで送信してくる場合もあります。

ピザなどデリバリーの嫌がらせ

ヤミ金のピザの嫌がらせ

闇金業者がピザなどの注文を大量に行い届けさせることがあります。この嫌がらせは本人の勤め先へと行われることもあるのです。消防車などの救急車両を呼びつける嫌がらせは勤務先に対して行われることもあります。

まとめ

  • 闇金の会社への取り立ては専門の弁護士で即日停止が可能
  • 警察は個人の闇金相談で動いてくれる可能性は低い
  • 取り立てを止めた弁護士から会社にフォローの電話をしてもらえる

闇金の嫌がらせを未然に防ぎ、関係を終わらせたい場合、闇金業者が動く前に弁護士や司法書士を介入させる必要があります。

仮に既に闇金から会社に電話をかけられていたとしても、闇金対応を積極的に受けている法律家の場合(当サイトで紹介している法律家など)解決後に被害者の勤務先までフォローの電話をかけると言った対応も行っているため、職を失うことなく闇金との縁を切る可能性があります。

闇金と関わっていると「闇金への支払いが滞る」「闇金からの連絡に応答出来ない」と言ったきっかけから、勤務先へと連絡が行くことは時間の問題です。

信用を失ってからでは遅いので、闇金対応をしている弁護士や司法書士に、無料相談だけでもしておきましょう。