質問者

闇金が顧客の会社(勤務先)に電話で取り立てするケースはどれくらいありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

結論から言うと遅かれ早かれ会社に連絡が行く可能性は極めて高いです。

闇金は嘘と恐喝で一生お金を巻き上げるのが仕事になります。よって理不尽な返済要求でもお金の支払いが出来なければ闇金から督促が行われ、それでも支払いが出来ないと関係各所へ取り立ての電話が及びます。

奥野弁護士奥野正智司法書士

返済を滞納している人で、職場の連絡先を教えている方であればほぼ間違いなく連絡がいきます。司法書士・弁護士が介入する事で嫌がらせを止める事が出来ます。

闇金業者の取り立ては会社へ向かい、徐々に激しくなる

ヤミ金が職場に電話をかける

 

  • 支払いが滞ることで会社(勤務先)に連絡が入る
  • 徐々に激しくなり会社(勤務先)へ嫌がらせが行われる

支払いが滞ることで、緊急連絡先である勤務先に電話が入る

顧客が元利金を支払えなくなると、闇金業者はまず本人への取り立てを開始します。脅迫的な取り立て行為が怖くて言われるがまま払ってしまう人がほとんどですが、最終的に支払いが滞って来ると緊急連絡先として登録している勤務先への取り立て電話や嫌がらせが始まります。

つまり緊急連絡先とは闇金にとっての担保です。家族や会社を巻き込まないために支払わなければならないという顧客の心理を悪用している部分も大きく表れています。

闇金業者は緊急連絡先を回収している

闇金から金を借りる際には他の消費者金融で借金をする時のような厳しい審査はありません。審査自体せずに融資の案内を受ける事まで可能な業者さえあります。そしてこのような融資の必要がない代わりに、貸金をする条件として必須となっているのが緊急連絡先の登録です。

闇金業者は緊急連絡先として、顧客の家族や、勤務先の連絡先をほぼ必ず回収しています。

闇金の取り立てを即日で止める唯一の方法

  • 闇金に強い弁護士は当日中に闇金の取り立てを止める
  • 闇金に強い弁護士の費用は5万円程度で分割払い可能
  • 警察に相談しても取り立ては止まらない

闇金対応に慣れている弁護士であれば、即日で解決する

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

闇金の取り立て電話が会社に入ってしまった場合、直ぐにでも闇金の行動を止めさせる必要があります。

そして、闇金に強い弁護士であれば、電話で受任してから、その日の内に取り立てを止めてしまうことがほとんどです。(参考記事:闇金は弁護士が入ると即日で取り立てを止める!その理由とは?)

また、闇金トラブルの全国対応を電話で受けているタイプの弁護士(司法書士)であれば、1分1秒を争う緊急事態に動ける体制を整えていることも多く、「電話で相談⇒依頼⇒取り立ての停止」までをその日の内に行えます。

闇金に強い弁護士や司法書士は、闇金の口座凍結をさせたり携帯電話(スマホ)の利用停止をさせたりするための手段を持っています。さらに警察と連携して逮捕に繋がるような証拠提示に協力する事もできるため、闇金としても弁護士の介入があれば引き下がらざるを得なくなるのです。

個人の場合、警察は動きにくい

闇金問題に動かない警察

一般の方が闇金の相談をしても、警察は動いてくれないことがほとんどです。

警察にとって、闇金問題は個人の借金問題として捉えられている部分が残っており、「無視してくださいね」と帰されてしまうケースが多いのです。

あまり、この警察を動かすことに固執していると、その間に嫌がらせが激しくなり、被害が拡大してしまう恐れがあります。(参考記事:闇金が警察に相談しても取り立てを止めない理由

闇金から会社に電話されてもクビ(解雇)を避ける方法

会社へフォローする闇金弁護士

  • 闇金に強い弁護士で即日で取り立てを止めること
  • その弁護士から会社に対してフォローの電話を入れて貰う事

会社に対してすでに取り立てが入ってしまった場合、弁護士は「借りた訳ではなく、個人情報が漏れて悪用されてしまった」と会社にフォローすることもあります。

また、キャンセル料請求の場合にはその様なフォローが特に有効です。借りてしまった後であってもフォローは可能なので弁護士への相談が必須です。

⇒こちらの法律事務所で対応が可能です。

会社へと行われる嫌がらせの内容

回線がパンクするほどの電話

ヤミ金による鬼電

闇金業者は取り立て電話だけでなく回線がパンクするほどに電話を鳴らすこともあるのですが、この迷惑行為は通称「鬼電(おにでん)」と呼ばれています。

ピザなどデリバリーの嫌がらせ

ヤミ金のピザの嫌がらせ

闇金業者がピザなどの注文を大量に行い届けさせることがあります。この嫌がらせは本人の勤め先へと行われることもあるのです。

顧客の写真を使った中傷FAX

職場にFAXの嫌がらせを行うヤミ金

闇金業者はLINE経由で本人の免許証や、写真を送信させることがあります。また、昨今の闇金業者はネットやSNSから顧客の顔写真を容易に入手することが可能です。

これらの写真は、SNSなどネット上で拡散されてしまう事もあれば、写真つきの中傷文書を会社に対してFAXで送信してくる場合もあります。どちらも顧客本人の名誉や社会的地位が害される事は避けられません。

まとめ

闇金に強い弁護士

  • 闇金の会社への取り立ては専門の弁護士で即日停止が可能
  • 警察は個人の闇金相談で動いてくれる可能性は低い
  • 取り立てを止めた弁護士から会社にフォローの電話をしてもらえる

闇金が会社に電話をかけてきた場合、全国対応の電話受付をしているタイプの闇金に強い弁護士や司法書士に依頼することで、即日で停止させることが可能です。

 

その後、担当弁護士から会社までフォローの電話をしてもらえます(⇒こちらの法律事務所ので、会社に居づらくなるのを避けることも出来ます。

しかし、出来れば会社に激しい取り立てが行われる前であったり、そもそも電話が会社に入る前に闇金との関係を清算しておくことが理想です。

少しでも支払いに苦しんでいたり、闇金の悩みを抱えている方は、闇金に強い弁護士の無料相談を利用して、相談だけでもしておきましょう。