質問者

闇金解決後に、闇金と関わらないための注意点はありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金に関わってしまった方、又は関係者の個人情報をどこまで教えているかによってアドバイスが変わりますので、当事務所へ無料のご相談をされて下さい。

奥野弁護士奥野正智司法書士

同じグループに貸し付けリストが渡り、融資の営業電話やショートメールが入ります。
「今後は一切関わらない!」という強い意志が必要です。

 

闇金からの借り癖を直すためには

闇金からの融資の連絡を遠ざける

闇金業者から一度でもお金を借りてしまった人には借り癖が付いてしまっている事が少なくありません。そもそも闇金から借金をしてしまう状態の人は、その時点ですでに自己破産や多重債務などの金銭トラブルに陥っている事がほとんどです。正規の融資業者からは金を借りられなくなっているため、基本的には誰にでも貸付を行う闇金業者に頼ってしまいます。

闇金業者の怖いところは、一度でも関わるといつまでも関係を絶ち切れなくなってしまうことです。運良く完済できたとしても、再び融資の勧誘電話がかかってくる事も少なくありません。そして借り癖が付いてしまっている人は闇金からの融資の連絡が入ると、そこでまたもやついつい借りてしまうのです。
闇金は業者間で繋がっているケースが多いです。ある闇金融からの借金によって利息返済に苦慮している顧客に対し、別の業者が融資の勧誘連絡を入れて利息分の金銭を貸し付けるパターンも起こります。借り癖は借金に借金を重ねてしまうこととなるため、まずは闇金からの連絡を遠ざけるのが借金から逃れる最善の方法となります。

電話番号を変える

闇金からの融資の連絡が借り癖の引き金になっている場合が多いため、その連絡を絶つためには電話番号を変えてしまうのが一番です。現代の闇金は090金融が主流であるため、電話と言う通信ツールが機能しなくなってしまえばターゲットに手を出す事はできなくなります。
電話番号であれば、手続きをすれば誰にでも簡単に変更する事ができます。少々の手間を踏む事で借り癖の原因を葬り去る事ができるでしょう。

住所に届くDM

闇金の勧誘行為

闇金の勧誘行為は電話連絡だけではありません。ポストにチラシやDMを入れるなど、一般の企業でも行うような勧誘の手段を取る事もあります。
いくつもの業者間で繋がりを持っている闇金では、顧客の情報をやり取りして情報の共有を行っています。そのため顧客の住所は実際に借りた闇金業者だけではなく、その他の闇金業者にも知られてしまっている恐れがあります。
こうして届くDMを見て、即日融資可能などとの謳い文句が目に入ってしまうと、そこでまた借り癖が出てしまい闇金に融資希望の電話を入れてしまう人も中にはいます。借り癖が付いている人はふとしたきっかけで自制が利かなくなってしまうものです。そのため単なるDMであっても闇金の勧誘である以上は注意しなければなりません。

住所変更で回避する

闇金のDMを回避するためには住所を変更する事が最も望ましい方法となります。ただし引っ越しとなるとそう簡単に決断できる物ではありません。少なくとも30万円程度の費用は見なければならず、さらには仕事などの都合もあるためいつでも引っ越しの準備ができる訳ではないでしょう。よってDM回避のために住所を変更すると言う手段はあまり現実的ではありません。

電話番号や住所の変更のように、一時的な闇金回避をしてみたところで根本的な原因が解決していなければ再び手を出してしまう危険性もあります。そのためまずは闇金に今後関わらない意志を持ち、精神的な部分から改善を図っていく事が重要となります。

借り癖を自覚する

お金の使い方を見直す

自身の浪費癖など、金銭管理能力と向き合うことは借り癖を直す第一歩です。闇金から借りる人はギャンブルにはまっていたり浪費癖があったり、お金の使い方に関する自己抑制力になんらかの欠陥があることがほとんどです。まずはこういった金銭の使い方を見直し、かけるべき金なのか使わなくても良い金なのか、支払いを行う前に十分な考慮をする癖を付けなければなりません。
お金のやりくりがきちんとできていれば基本的に借金はしなくて済みます。簡単に手に入るお金はないことを改めて理解する必要があるでしょう。

債務整理を行う

弁護士や司法書士に依頼をして、借金の整理を一から行うことも一つの手段です。事務所によっては生活再建に手を貸してくれるところもあります。今後借金を繰り返してしまわないように、散らかった債務をまとめて見直す事も重要となります。