質問者

LINEを使う闇金は増えていますか?また弁護士(司法書士)で対処はできますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

LINEを使って連絡を取り合う業社が増えてきました。電話番号は警察に強制停止される可能性が高く、その対策として増えてきたと思われます。

対応は可能です。

奥野弁護士奥野正智司法書士

可能です。
連絡手段をLINEにしているだけですので、問題はありません。

LINEを使うヤミ金業者が増えている

LINEを使う主なヤミ金業者

  • ソフト闇金を名乗りホームページで集客している業者
  • 個人間融資を名乗りTwitterなどSNSで集客する業者
  • その他、携帯電話で営業している業者

LINEを使う闇金業者の手口の特徴

日頃のやり取りはLINEで行い、取り立てを行う時には非通知で電話をかけてくる傾向があります。

LINE闇金が増えたのは何故?

  • LINEは闇金が電話番号を使わずに連絡を取る為の手段

近年の闇金は店舗を持たず、身元を隠して営業する090金融がほとんどを占めています。そのため第三者名義のトバシの携帯電話は営業をしていくうえで必須のツールとなっています。

携帯電話を使用していると言う事は通信回線の元を辿られるリスクがあると言う事であり、電話番号を警察や弁護士によって強制停止されてしまう恐れも生じます。

頻繁に電話番号の強制停止をされてしまった場合、トバシの携帯電話をその分何度も調達しなければならなくなります。そうなれば必然的に調達コストがかさんでしまうため、それを回避するために利用し始めたのがLINEという訳です。
闇金が電話番号を隠したがる理由は、弁護士や警察によるケータイの強制解約や、逮捕を避ける為です

闇金のLINEを無視したりブロックするのは危険です

怒っている闇金業者

  • 闇金のLINEを無視・ブロックすると嫌がらせに遭う
  • 自分だけでなく勤務先や家族へと向かう
  • 家族の勤務先がターゲットになることもある

闇金のLINEを無視したり、ブロックするとほぼ確実に嫌がらせの被害に遭うことになります。

闇金業者は貸付前に緊急連絡先を確認しており、顧客本人と連絡が取れなくなればその緊急連絡先へと取り立てが入ってしまうことは避けられません。

緊急連絡先に指定するのは大抵の場合が家族や勤め先の会社であるため、闇金のLINEをブロックすることで、関係各所への取り立てや嫌がらせがほぼ確実に生じることとなります。

LINE闇金による取り立て、嫌がらせの方法

  • 本人、勤務先、家族への執拗な取り立て電話
  • ピザなどデリバリーの大量配達
  • 救急車や消防車を呼びつける
  • 裸の写真を送らせてバラ撒くぞと脅迫する(急増中)
  • その他

執拗な取り立て電話

闇金の取り立て

闇金業者は最初に電話による取り立てを行います。これは借りた本人だけではなく、勤務先や家族など緊急連絡先に登録した関係各所へと及びます。

闇金業者は顧客の会社に連続で電話をかけたり、数百枚のFAXを送り付けることで回線をパンクさせるのです。更に、その様な状態が30分~2時間継続する為、会社は営業に支障をきたすことになります。

闇金の取り立てによって被害者が職を失ってしまうことも多い

闇金の嫌がらせ電話が2時間もの間続いたり、何百枚もFAXを送り付けられることで、被害者が会社を解雇されてしまうことも珍しくありません。

本来、会社はこの様な理由で従業員を解雇をしてはならないことになっているのですが、会社に対する裁判費用を一般の方が工面することは難しく、必然的に泣き寝入り状態になってしまいます。

LINE闇金の対策は、勤務先などへ嫌がらせが行われる前に手を打つとこの様な最悪の事態を避けられます。

LINE闇金の取り立てを止める解決方法

  • 警察では闇金の取り立てを止められない
  • 闇金に強い弁護士が介入すると即日で取り立ては止まる
  • 解決に掛かる費用は5万円

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

※専門の弁護士が介入した闇金業者は一人の顧客を諦めて他の顧客を守る

闇金の被害者が警察に駆け込んでも対応して貰えないことが殆どです。(参考記事:闇金が警察に相談しても取り立てを止めない理由とは? )

理由としては、闇金業者は携帯電話での営業で身元を隠しているだけでなく、更にLINEを使うことで電話番号を隠しており、警察の捜査を困難にしていること。そもそも警察官の数は事件数に対して不足しており、個人の闇金問題は優先度が低いこと。などが挙げられます。

そして、警察が本格的に捜査をしないことを知っている為に、闇金業者も嫌がらせを止めません。

闇金に強い弁護士

しかし、闇金に強い弁護士や司法書士を敵に回してしまうと、警察が本格的に捜査を始めてしまうリスクがあります。

その他にも、闇金に強い法律家は闇金の使っているスマホ、銀行口座を強制的に使用不能にすることも出来る為、闇金業者はこの手の法律家を敵に回すと営業が出来なくなってしまう訳です。

その為、「厄介な弁護士や司法書士が介入した時点で、その顧客を諦める」ということを、闇金業者はグループ内で決めています。

LINE闇金の相談に強い弁護士と、解決事例

正野嘉人弁護士
東京弁護士会 第19816号

Duelパートナー法律事務所は全国対応を行っている闇金に強い弁護士です。

弁護士によるLINE闇金の解決事例

2019年9月20日に正野弁護士へ取材をしたところ

LINEのみで営業を行う業者の相談が増えているとのことで、「LINE闇金に嫌がらせをさせずに関係を終わらせる」という解決事例が多い印象でした。

具体的なノウハウは闇金業者の手口の巧妙化を避けるために書くことが出来ませんが、法律事務所から闇金業者へアプローチをすることで和解、もしくは完全に依頼者から手を引くという結果に至っているとのことです。

正野弁護士の事務所では無料相談(被害者が話しやすい様に配慮されている)も受け付けている為、LINE闇金に関わっている方は相談だけでもしておくと良いでしょう。

⇒取り立ての即日停止、無料の闇金相談はこちら

 まとめ

  • LINE闇金はブロックすると嫌がらせを行う
  • LINE闇金は警察では取り立てを止めない
  • LINE闇金は闇金対応が得意な弁護士や司法書士で即日停止出来る

LINE闇金と関係を断つことは難しいことではありません。

闇金業者からの連絡を無視したり、LINEブロックをしてしまうと、自分だけでなく関係各所へと嫌がらせを受けることになるのでくれぐれも気を付けて下さい。

闇金に強い弁護士や司法書士の費用は5万円程度かかりますが、分割払いや後払いも受け付けられているので、負担の無い支払い方にも相談に乗ってもらうことも可能です。

予め相談だけでもしておくと、緊急時に手遅れになるのを防ぐことにも繋がります。闇金に嫌がらせをさせずに解決をしたいという方は是非参考にして頂ければと思います。