質問者

LINEを使う闇金は増えていますか?また弁護士(司法書士)で対処はできますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

LINEを使って連絡を取り合う業社が増えてきました。電話番号は警察に強制停止される可能性が高く、その対策として増えてきたと思われます。

対応は可能です。

奥野弁護士奥野正智司法書士

可能です。
連絡手段をLINEにしているだけですので、問題はありません。

LINEを使うヤミ金業者が増えている

LINEでヤミ金は電話番号を使わずに連絡が取れる

警察の捜査を恐れて対面式の活動形態から非対面へと移行していった闇金ですが、090金融であっても活動上のリスクが全く伴わない訳ではありません。携帯電話を使用していると言う事は通信回線の元を辿られるリスクがあると言う事であり、電話番号を警察によって強制停止されてしまう恐れも生じます。
近年のヤミ金は身元を隠して営業する090金融がほとんどを占めています。そのためトバシの携帯電話は営業をしていくうえで必須のツールとなっています。
しかし警察から頻繁に電話番号の強制停止をされてしまった場合、トバシの携帯電話をその分何度も調達しなければならなくなります。そうなれば必然的に調達コストがかさんでしまうため、それを回避するために利用し始めたのがLINEです。たとえば顧客とはLINEでやり取りをして、取り立てや嫌がらせの電話については非通知の電話番号で行うなどといった手法がとられます。こういった業者も増えているため、闇金に捜査の手が及ぶに至るまでがますます難しくなってきているのです。

LINEを使う主なヤミ金業者

ソフトヤミ金を名乗りHPで集客している業者

LINEを使う闇金業者にはソフト闇金などが存在します。ソフト闇金とはその名の通りソフトな闇金です。一般的に連想されるような脅迫的な文言を使わず、優しい雰囲気を思わせる業者であるため融資希望者を募りやすくなっています。
ソフト闇金はホームページを作成して集客する事が多いです。柔軟で親切な対応をされるため債務者側も業者を信用してしまう場合がありますが、その中身が違法金利の搾取目的で成り立っていることに違いはありません。
こういったタイプの闇金は融資を行った後のやり取りをLINEで行うことも多く、取り立てについても電話ではなくLINEを使う場合があります。また顔写真や身分証明書などをLINE上で送信させる場合もあり、弱みを握られてしまうケースもあるため注意が必要です。

個人間融資を名乗り、Twitter、掲示板、SNSで勧誘する業者

昨今の気軽に利用できる通信ツールはLINEだけではありません。Twitterや掲示板、その他のSNSなどを介して勧誘行為を行っている闇金業者も存在します。
こういった闇金の業態では個人間勇姿を名乗っている場合が少なくありません。闇金業者という組織形態ではなく、あくまで個人対個人で融資と返済を行う契約であることを示しています。
そのため若い人でもついつい軽い気持ちで借りてしまう傾向が見られますが、しかし個人融資者が本当に個人融資者であると言う保証はありません。SNS上では個人融資として表明しておきながら、その実態は闇金業者であると言うケースも多々あります。

LINEをブロックするとどうなる?

携帯電話に着信拒否設定があるように、LINEにはブロック機能があります。そのため闇金業者とLINEを介してトラブルになった場合、ブロックすれば解決するのではと考える人も中にはいます。
しかしヤミ金業者は貸付前に緊急連絡先を確認しています。顧客と連絡が取れなくなればその緊急連絡先へと取り立てが入ってしまうことは避けられません。緊急連絡先に指定するのは大抵の場合が家族や勤め先の会社であるため、ブロックをしてしまった事によって関係各所への取り立てや嫌がらせがほぼ確実に生じることとなります。

ヤミ金業者による主な嫌がらせ

執拗な取り立て電話

闇金業者による最初の攻撃は執拗な取り立て電話です。これは借りた本人だけではなく、その緊急連絡先、さらには隣近所にまで最終的には及んでしまう恐れもあります。
取り立て電話も時々かかってくる程度であれば耐える事ができるかもしれません。しかし闇金の取り立て電話は日に何度もかかってきます。もしもその取り立て先が会社となってしまえば、回線がパンクして業務妨害に至るほどの異様な電話攻撃を仕掛けてくる場合もあります。

デリバリーの大量配達

闇金業者の嫌がらせの中には、ピザなどのデリバリーを勝手に注文して自宅や会社などに宛てて大量に送りつけてくる行為もあります。
もちろん勝手に注文されてしまっただけなので代金の支払い義務はありませんが、近隣の目などにも触れやすくなるため悪質な嫌がらせ行為の一つに該当しています。

緊急車両を呼びつける

ピザの大量注文と似た部類の嫌がらせとして、救急車やパトカーなどを自宅前に呼びつける嫌がらせもあります。公的機関であるため事情を話して再発の防止をする事はできるでしょう。そのため闇金もこの手の嫌がらせを何度も行うことはありませんが、サイレン等でデリバリー以上に目立つため顧客を精神的に追い詰める手段となっています。

LINEヤミ金からお金を借りてしまったらどうしたら良い?

LINE闇金の場合であっても、その相談先として最善となるのは闇金対応に強い弁護士です。

ヤミ金に強い弁護士や司法書士に相談すると、被害を拡大させずに収束させられる可能性が高くなります。電話で嫌がらせをしてくる闇金とLINEで嫌がらせをしてくる闇金とではその実態に差はありません。強制停止されるリスクのある電話から、より簡易的なLINEというツールに手段を変えているだけです。そのため電話で嫌がらせを行う闇金と交渉できる弁護士であれば、LINEを使って活動している闇金を相手取る事も可能となります。
LINE闇金を放置したりブロックしてしまったりすると、取り立てが激化して家族や会社にまで被害が波及する恐れがあります。そうなる前に早い段階で弁護士へ相談するのが良いでしょう。