質問者

LINEを使う闇金は増えていますか?また弁護士(司法書士)で対処はできますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

LINEを使って連絡を取り合う業社が増えてきました。電話番号は警察に強制停止される可能性が高く、その対策として増えてきたと思われます。

対応は可能です。

奥野弁護士奥野正智司法書士

可能です。
連絡手段をLINEにしているだけですので、問題はありません。

LINEを使うヤミ金業者が増えている

LINEを使う主なヤミ金業者

  • ソフト闇金を名乗りホームページで集客している業者
  • 個人間融資を名乗りTwitterなどSNSで集客する業者
  • その他、携帯電話で営業している業者

ソフト闇金を名乗っている業者

ソフトヤミ金

ソフト闇金を自称している業者は、LINEを使って取り立てを行うことが多いです。

検索エンジンにて「ソフト闇金」で検索すると、ソフト闇金のホームページがズラりと表示されます。

ソフト闇金の申し込みフォームに、LINE IDのQRコードの添付欄が設けられている他、「LINEのQRコードを送信した顧客には優先して連絡をする」と積極的にLINE IDでのやり取りを希望していることが伺えます。

個人間融資を名乗り、Twitter、掲示板、SNSで勧誘する業者

SNSを使うヤミ金

Twitterには#個人融資#個人間融資のハッシュタグで、個人を装って集客をしている闇金業者が活動しています。

この個人間融資闇金も、LINE IDにて申し込みや、やり取りを受け付けていることが多いです。

LINEを使う闇金業者の手口の特徴

  • 日頃のやり取りはLINEで行う
  • 取り立ては非通知の電話で行う

LINE闇金は、日ごろのやり取りはLINEで行い、取り立ては非通知の電話で行っています。

LINE闇金が増えた背景

  • LINEは闇金が電話番号を使わずに連絡を取る為の手段

近年の闇金は店舗を持たず、身元を隠して営業する090金融がほとんどを占めています。そのためトバシの携帯電話は営業をしていくうえで必須のツールとなっています。

携帯電話を使用していると言う事は通信回線の元を辿られるリスクがあると言う事であり、電話番号を警察や弁護士によって強制停止されてしまう恐れも生じます。

頻繁に電話番号の強制停止をされてしまった場合、トバシの携帯電話をその分何度も調達しなければならなくなります。そうなれば必然的に調達コストがかさんでしまうため、それを回避するために利用し始めたのがLINEという訳です。

闇金のLINEを無視したりブロックするのは危険です

怒っている闇金業者

  • 闇金のLINEを無視・ブロックすると嫌がらせに遭う
  • 自分だけでなく勤務先や家族へと向かう
  • 家族の勤務先がターゲットになることもある

闇金のLINEを無視したり、ブロックするとほぼ確実に嫌がらせの被害に遭うことになります。

闇金業者は貸付前に緊急連絡先を確認しており、顧客と連絡が取れなくなればその緊急連絡先へと取り立てが入ってしまうことは避けられません。

緊急連絡先に指定するのは大抵の場合が家族や勤め先の会社であるため、闇金のLINEをブロックすることで、関係各所への取り立てや嫌がらせがほぼ確実に生じることとなります。

LINE闇金による取り立て、嫌がらせの方法

  • 本人、勤務先、家族への執拗な取り立て電話
  • ピザなどデリバリーの大量配達
  • 救急車や消防車を呼びつける
  • 裸の写真を送らせてバラ撒くぞと脅迫する(急増中)
  • その他

執拗な取り立て電話

闇金の取り立て

闇金業者は最初に電話による取り立てを行います。これは借りた本人だけではなく、勤務先や家族など緊急連絡先に登録した関係各所へと及びます。

闇金業者は顧客の会社に連続で電話をかけたり、数百枚のFAXを送り付けることで回線をパンクさせるのです。更に、その様な状態が30分~1時間継続する為、会社は営業に支障をきたすことになります。

デリバリーの大量配達

ヤミ金のピザの嫌がらせ

ピザなどのデリバリーを大量に届ける行為は、闇金業者が良く行う嫌がらせの一つです。

届いたピザの代金は支払う必要がありませんが、身に覚えの無いデリバリーが届くことで精神的なプレッシャーを受けてしまいます。

酷い場合にはデリバリーヘルスを呼びつけられることもあります。

救急車、消防車を呼びつける

闇金が救急車を呼ぶ嫌がらせ

救急車や消防車を自宅や勤務先に呼びつける行為も、闇金が良く行う嫌がらせです。

サイレンを鳴らしながら緊急車両が駆け付ける為、本人にとっては大きな精神的プレッシャーを受けることになります。

LINE闇金の取り立てを止める解決方法

  • 警察では闇金の取り立てを止められない
  • 闇金に強い弁護士が介入すると即日で取り立ては止まる
  • 解決に掛かる費用は5万円

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

※専門の弁護士が介入した闇金業者は一人の顧客を諦めて他の顧客を守る

闇金の被害者が警察に駆け込んでも対応して貰えないことが殆どです。(参考記事:闇金が警察に相談しても取り立てを止めない理由とは? )

理由としては、闇金業者は携帯電話での営業で身元を隠しているだけでなく、更にLINEを使うことで電話番号を隠しており、警察の捜査を困難にしていること。そもそも警察官の数は事件数に対して不足しており、個人の闇金問題は優先度が低いこと。などが挙げられます。

そして、警察が本格的に捜査をしないことを知っている為に、闇金業者も嫌がらせを止めません。

闇金に強い弁護士

しかし、闇金に強い弁護士や司法書士を敵に回してしまうと、警察が本格的に捜査を始めてしまうリスクがあります。

その他にも、闇金に強い法律家は闇金の使っているスマホ、銀行口座を強制的に使用不能にすることも出来る為、闇金業者はこの手の法律家を敵に回すと営業が出来なくなってしまう訳です。

その為、「厄介な弁護士や司法書士が介入した時点で、その顧客を諦める」ということを、闇金業者はグループ内で決めています。

LINE闇金に強い弁護士はこちら

闇金に強い正野弁護士

代表:正野嘉人弁護士

Duelパートナー法律事務所は全国対応を行っている闇金に強い弁護士です。

LINEを使った闇金など、最新のITツールを使う闇金業者の手口まで把握しているため、LINEを使った業者の対応も行うことが出来ます。

無料相談(被害者が話しやすい様に配慮されている)も受け付けている為、少しでも不安や悩みを抱えている方は相談だけでもしておくと良いでしょう。

⇒取り立ての即日停止、無料の闇金相談はこちら

 まとめ

  • LINE闇金はブロックすると嫌がらせを行う
  • LINE闇金は警察では取り立てを止めない
  • LINE闇金は闇金対応が得意な弁護士や司法書士で即日停止出来る

LINE闇金と関係を断つことは難しいことではありません。闇金に強い弁護士や司法書士の費用は5万円程度かかりますが、分割払いや後払いも受け付けられているので、負担の無い支払い方にも相談に乗ってもらうことも可能です。

予め相談だけでもしておくと、緊急時に手遅れになるのを防ぐことにも繋がります。