質問者

個人融資掲示板経由で闇金から借りてしまった場合、どの様なリスクがありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

通常のネット申込と何ら変わりはありません、闇金はネットのサイトも使えば掲示板、LINE、Twitter等のSNSにも集客の手を広げてきており、リスクに差はありません。

奥野弁護士奥野正智司法書士

借入時に対面されている場合は、直接取り立てされるリスクが高くなります。

ネット上には色々なサービスがありますが、いわゆるマッチングサイト系の中にはお金を借りたい人と貸しても良い人を繋げる個人融資掲示板というものが存在します。

 

一見便利で都合の良いサイトですが、これはあなたを闇金地獄に引き入れるための入り口になってしまうことがあります。

 

今回は個人融資掲示板で闇金からお金を借りてしまったときの対処法について解説します。

個人融資掲示板は闇金の巣窟

 

個人融資掲示板は一見親切なマッチングサイトの様を呈していますが、これは利用者と闇金を繋げるための一種の罠です。

 

お金を借りたい人が希望金額や連絡先を書き込んで、融資をしてくれそうな人を待つタイプと、逆にお金を融資できる人が条件などを書いて相手からの接触を待つタイプがあります。

 

「困っている人」と「助けたい人」を結ぶような外見ですが、「助けたい人」というのは違法な高金利で貸し付けをする闇金です。

 

結局、利を得るのは闇金ですので、被害者を生み出す掲示板というのがその正体です。

 

このような掲示板は闇金業者が運営しているものもあります。

 

利息利益を考えずに、赤の他人を純粋に「金を貸して助けたい」などとに考える人はまずいませんから、「お金を融通してもいい」と接触してくる者はまず間違いなく高金利の闇金業者なのです。

 

借り方や条件は人それぞれ

 

個人融資掲示板を介しての違法融資は人それぞれ状況が異なります。

 

闇金側も本当に個人である場合もありますが、ほとんどは数人で構成された組織で運営しています。

 

中には対面式で貸し付けを行い借用書を作るケースもありますが、違法な利息などは記載されず、万が一警察などに相談されても決定的な証拠とはならないように工夫されます。

 

融資の条件に携帯端末を担保に取って貸し付けが行われるケースもあります。

 

このように人によって貸し付け事情が異なるという側面がありますが、次の項で対処法を見てみましょう。

 

個人融資掲示板被害の対処の仕方

 

個人闇金被害対策の基本スタンス

 

基本的に闇金の貸し付けですから返済は不要です。

 

「返さない」と決めたら取り立て行為や嫌がらせに屈せずに、すぐに闇金に強い弁護士などに相談して根本的な解決手続きを踏むようにしてください。

 

相手がどのような性質の闇金で、どれだけのしつこさがあるのか、悪質性はどの程度なのかにもよりますが、弁護士を介入させれば悪質性の高い闇金業者であってもそれ以上の付きまといを止めさせることができます。

 

法律家は職権で闇金の営業ツールを使用不可に追い込む手段を持っているので、これが牽制力となってくれるからです。

 

すでに何度か返済に失敗して嫌がらせが始まっている場合には、選択肢は基本的にこれしかありません。

 

もし対面型の闇金で、自宅まで押しかけられて暴力や嫌がらせを受けている場合には、必要に応じて警察にも相談しましょう。

 

悪質性が低い場合

 

個人融資掲示板の中には、少数ですが本当に個人で貸し付けを行っている者もいます

 

組織立っておらず、暴力的な性格でない場合、元本以上分の返済があれば割とすんなり手を引くこともあるようです。

 

金額的に完済できそうであれば完済してしまって、借用書などは返還してもらうのも一手です。

 

また何度か返済に失敗して取り立てを受けているがまだ嫌がらせまでには発展していない場合、交渉して元本以上の弁済で手打ちにするように交渉することももしかしたら可能かもしれません。

 

ただしそれらの場合でも、後日再び再融資の勧誘を受けたりする可能性はあります。

 

またあなたの個人情報は他の闇金や犯罪組織に売られることがあるので、以後も継続して闇金業者から接触を受けることは予想されます。

 

そのため最初の闇金業者に教えてしまった連絡先や口座などは変更、解約し、相手からの接触を受ける可能性を減らす工夫が必要です。