闇金は普通の貸金業者ではありませんから、理屈が通る相手ではないということは覚えておかなければなりません。

 

それでもトラブルが生じれば、否応なく交渉や話し合いをしなければならなくなります。

 

理屈が通らない相手でも対応しなければならないのはとても大変なことです。

 

そんな時、もし闇金が「元金和解」を持ちかけてきたら要注意です。

 

今回は闇金との元金和解について考えてみます。

 

「元金和解」とは何か

 

元金和解とは借入金額のうち元金だけを貸し手に返済して手打ちとする和解方法です。

 

お金の貸し手は少なくとも元金だけは取り戻すことで金銭的な損を出さずに済みます。

 

本来は利息の支払いが必要ですがそれを手放すことになりますから、貸し手から見れば儲けがなくなることになりますね。

 

反対に借り手からすると、返済に困っている状況では利息分の支払いが無くなるだけでも嬉しいことです(本来、闇金は元金の返済も法律上不要ですが)。

 

何とか頑張って元金分をかき集めて返済すれば良いと思われがちですが、相手が闇金である場合は基本的にお薦めできないのです。

 

個人での和解は難しいと知ろう

 

和解交渉というのは理屈の分かる相手であるからこそ通用するのです。

 

闇金はそもそも約束を守るなどという考えがありませんから、例え元金を返済してもそれで利用者を手放す保障などありません。

 

数日後に「返済金が足りなかった」「和解した覚えはない」「和解手数料がかかる」などあらゆる言いがかりや難癖をつけてどこまでもしゃぶり尽くそうとしてくるリスクがなお残ります。

 

こうした要求に難を示すとまた嫌がらせをしてきます。

 

結局際限がないのです。

 

個人での和解が無理なのは、相手が困るような武器が無いからです。

 

和解の約束を破っても闇金は困ることがないので、いくらでも問題が再発してしまうわけですね。

 

個人ではそこの対策ができないので、元金和解は無理だと思っておいた方が良いでしょう。

 

しかしその対策ができるのが法律家などの専門家です。

 

彼らは闇金が困るような武器を持っているので、和解交渉を守らない場合の罰を与えることができます。

 

ですから元金和解をするならば専門家の介入は必須と考えて良いでしょう。

 

元金和解は専門家を介入したうえで行うこと

 

弁護士などの法律家は闇金が嫌がる武器を持っています。

 

例えば闇金が営業に用いる携帯電話や銀行口座などを凍結させることができます。

 

営業の為の道具が使えなくなると闇金も死活問題ですから、法律家を相手に喧嘩すると結局自分たちが困ることになります。

 

また警察を動かして逮捕させることも不可能ではありません。

 

このように、闇金にこれ以上言いがかりや難癖を付けて借り手に付きまとうと自分たちにダメージが及ぶということを知らしめることができるのは法律家を介した交渉だけです。

 

闇金の場合、本来は元金も返済は不要ですので、専門家によっては「一切の返済は不要」と言うことろもあります。

 

しかし公務員など他人に知られることが一番マズイようなケースでは、まず嫌がらせのリスクをできるだけ減らすためにも、元金和解にメリットがあると判断することもあります。

 

その場合は専門家を介して元金だけを返済し、以後一切の付きまといや嫌がらせをしないこととして元金和解に応じることもあります。

 

まとめ

 

今回は闇金事案において元金和解に応じることの是非を考えてみました。

 

和解交渉は理屈の通じる相手であれば有効に作用することもありますが、闇金相手には個人での和解交渉はまず成功しない、成功したように見えても根本解決にはなっていないことが多いので、交渉する場合でも必ず法律家を介入させるようにしましょう。