質問者

今の闇金は暴力団と繋がっているのでしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

繋がっているケースと繋がっていないケースがまちまちです。

奥野弁護士奥野正智司法書士

混在しています。
反社会的勢力と関わりを持っていない業者も多いです。

2019年の闇金業者は暴力団とそうでない者が混在している

暴力団

  • 近年の闇金の多くは反社会勢力と関係を持っていない者も多い
  • 反社会勢力と繋がっている業者も残っている
  • どちらにしても支払いをしなければ陰湿な嫌がらせを受けるので危険

暴力団が相次いで逮捕される事件が2003年に起こってからといいうもの、暴力団が運営する闇金業者は少なくなってきました。近年の闇金組織の中には反社会勢力と関係を持たないものも多くいます。

  1. 2003年、闇金から追い詰められた一家が自殺する事件が起こる
  2. 山口組系列の五菱会が運営する1000店舗もの闇金が摘発される
  3. 2008年、闇金の借金は元本含めて返済不要の判決が出る

 

暴力団が運営する金融業者がいない訳ではない

暴力団のイメージ画像

暴力団が運営する闇金業者が完全にいなくなった訳ではありません。

実際に、闇金対応を全国から受けている正野弁護士、奥野司法書士の回答からも分かる様に、暴力団が運営する闇金業者もまだ残っています。

 

暴力団で無かったとしても危険であることに変わりは無い

闇金の取り立て

しかし、反社会勢力と繋がっていない闇金業者であっても危険であることに変わりはありません。

支払いをしている間は、親身な対応をしていますが、元利金の支払いが滞ると自宅、勤務先、家族へと嫌がらせを開始させます。

闇金業者の嫌がらせの内容

  • 自宅、勤務先、家族、家族の職場への電話
  • ピザなどデリバリーの大量注文
  • SNSの友人に、本人の恥ずかしい写真を送り付ける
  • 消防車、救急車を本人や本人の職場などへ呼びつける

闇金の会社、家族への嫌がらせ

闇金業者の嫌がらせは電話によるものから始まることが多いです。

30分~1時間にかけて、何度も電話を鳴らし、FAXを数百枚送信することで回線をパンクさせるという行為を行います。

これは、本人だけでなく、職場や家族へと行われます。

闇金のピザと救急車の嫌がらせ

闇金の嫌がらせとして、ポピュラーなものであり、現在も行われているものの一つに出前、救急車や消防車を呼びつけるというものがあります。

特に、サイレンを鳴らしながら自宅や勤務先へと車両が駆け付けると、周囲からも悪目立ちをしてしまうので精神的なプレッシャーを受けやすいです。

SNSを使うヤミ金

闇金に支払わなかった報復として増えているのが、裸の写真など、本人の不名誉な写真を貸し付け前に回収しておき、支払いが滞ると、緊急連絡先として回収しておいたLINEの友人達に順番に送り付けていくというものです。

FACEBOOKを使っていれば、その友人リストが悪用されることもあります。

闇金から離れる方法

闇金問題に動かない警察

 

まず、警察に一般の方が相談に駆け込んでも動いて貰えないという問題があります。(参考記事:闇金は警察に相談しても取り立てを止めない!その理由とは? )

その事を闇金業者も知っているので、警察に駆け込んだことを知っても取り立てを止めることはありません。

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

闇金に強い弁護士が介入すると闇金業者は、その日の内に取り立てを止めることが多いです。(※解決に掛かる費用の相場は5万円程度)

この手の弁護士は「警察を動かすことが出来る」「闇金の口座、スマホを強制凍結出来る」という武器を持っていることが多いので、闇金業者としてはそれ以上追いかけても、その顧客に対してのメリットよりもデメリットの方が上回ってしまうのです。

その様な損得勘定から、闇金業者は厄介な法律家の関わった顧客を諦めます。

闇金の弁護士介入後の即日解決の割合

Duelパートナー法律事務所の集計データです。

こちらは、Duelパートナー法律事務所の集計データです。7割の業者が即日で被害者から引いており、残りの3割も1~3日で顧客から完全に手を引いています。

まとめ

  • 現代(2018年12月時点)の闇金は一般人が運営していることがほとんど
  • しかし暴力団が運営する闇金が居ないわけでは無い
  • どちらにしても闇金に対して正面から抵抗すると危険
  • 離れる場合は闇金に強い法律家を味方に付けること

闇金は反社会勢力と繋がりの無い者でも営業が出来てしまいます。しかしその中にいわゆる暴力団と呼ばれる者が運営する業者も未だ潜んでいます。
しかし、関わってしまった闇金がもしも反社会勢力で無かったとしても、逆らうと遠隔から可能な限りの嫌がらせを行われます。

取り立て電話が入るだけでも精神的に堪えるものがありますが、事態がさらに深刻化していけば周囲の人間にまで被害が及びます。

もし、闇金から借りて不安な思いを抱えているのであれば、なるべく早い段階で闇金に強い弁護士の無料相談だけでも利用しておきましょう。非常時に直ぐに動ける体制を整えておくことで緊急時の保険になるだけでなく、その場で取り立てを止めてもらう事も可能です。