質問者

090金融とはどの様な闇金ですか?2018年時点で何割の闇金がこのタイプですか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金の事務所等に伺う事なく携帯電話一本でやり取り、融資をする事から090金融と呼ばれるようになりました。現時点での割合は当事務所に相談が来ただけでも9割がこの090金融と言えます、ただ、最近は090から080、070、050と、必ずしも090から始まるだけではありません。

090金融とは?

非対面型の090金融

顧客と直接会わない

闇金の活動形態は大きく二つに分ける事ができます。一つは店舗を構えて融資活動を行う対面式の闇金融です。二つ目は店舗を構えずに非対面で融資を行う闇金融です。090金融とは後者の活動形態に当て嵌まり、顧客と直接対面する事なく融資から取り立てまでを行う業者の事を意味しています。

活動に利用するのは携帯電話

顧客と直接会わずにどうやって融資活動を行うのかと言えば、090金融は電話一本で全ての営業活動を実行しています。そもそも090金融という名前の由来は携帯電話の番号から取られました。融資者募集のチラシ広告に090で始まる連絡先が記載されてあった事から、電話で活動する闇金を総称して090金融と呼ぶようになったのです。
法律では貸金業を営むためには固定の電話番号を設定しておかねばならない事になっています。元より090金融は登録実体のない違法業者ですが、その活動の中身も法律に反するものです。
金利はトイチやトゴなどをはじめとして、最近では週倍などのあり得ない利率を設定している業者も少なくありません。高金利のため顧客が支払いを滞らせれば、たちまち脅迫的な物言いをし出して威圧的な取り立てを行います。
ところが度重なる取り立てや嫌がらせを受けた顧客が警察に駆け込んだとしても、店舗を構えず拠点が分からないという090金融の性質からなかなか捜査に踏み切ってもらう事ができません。090金融はこのようにして警察の目から逃れるための様態にもなっています。

現代の主流は090金融

闇金融と言うと漫画やドラマで出てくるような暴力的な業者がイメージされがちです。しかし今の時代に実在する闇金の中には、顧客に対して暴力を振るってお金を要求する業者はほとんどいません。暴力と言う目に見えた被害があると警察からマークされやすくなり、さらに店舗を構えていれば摘発も容易にされてしまいます。
警察の取り締まりが強くなっていく中で、このような店舗型の活動形態は闇金の間でも遠ざけられるようになっていきました。その結果として現代主流となっているのが090金融です。
090金融なら電話さえあれば融資も取り立ても行う事ができます。表面化しにくい手法で顧客をとことん精神的に追いつめる事ができ、わざわざ顧客の自宅に出向いて暴力を振るうまでもなく簡単に金を手に入れる事ができてしまうシステムです。

活動実態と対処方法

貸付の手口

電話融資とネット広告

090金融の貸付手口は、その名の通り電話による融資です。チラシを出して融資希望者を募るのが昔からあるやり方ですが、最近ではホームページを作成してそこからネット申し込みをさせる闇金も多いです。
闇金融のホームページに近づく人などいないだろうと思うかもしれませんが、インターネットの怖いところは実際とは全く別の物事を装ってクリーンなイメージをいくらでも作り上げる事ができてしまう事です。
闇金の融資募集サイトは一見すると闇金とは分かりません。笑顔の女性スタッフの画像を載せるなど、希望者が安心しやすい外観を作って登録の流れを作り出してしまいます。

SNSの利用

店舗型から非店舗型へと進み、融資の形態もチラシ広告による電話誘導からサイトを利用したネット登録が増えていくなど、闇金の活動容態は時代に合わせて変化していきます。そして更に最近多くなってきているのがSNSを利用した顧客の募集方法です。
Twitterなどを利用して個人融資を装い、即日融資可能などと謳いながら多くの融資希望者を集めていきます。アイコンは親近感のあるキャラクターなどに設定し、こちらも一見すれば闇金業者の融資募集だとはなかなか気づきません。しかしSNSで個人融資者を名乗っているアカウントは高い確率で闇金が行っており、その場合実際に金を借りてしまえば間違いなくトラブルへと巻き込まれます。

取り立ての手口

非対面の活動方法であるため取り立ての方法もまた電話になります。取り立て電話がしつこくかかってくる所から悪夢は始まっていきますが、これも闇金の被害を受けた事がない人ならば着信に応じなければよいと安易に考えてしまうでしょう。
しかし闇金は原則として融資の際に緊急連絡先を登録させます。そのためもしも顧客が電話に応じなくなれば、緊急連絡先である家族や会社を巻き込む所まで被害は拡大するのです。さらに近隣住民や会社周辺にまでトラブルが波及する事があるため、取り立て電話に無視するという事は基本的にできません。

特殊詐欺的な手口

闇金の恐ろしさは度重なる取り立てによって精神的な圧力をかけられる事だけではありません。闇金問題を放置しておくと、最悪の場合は自分自身が犯罪者であるとして警察に逮捕されるリスクが高まります。
加害者に仕立て上げられるまでの経緯として良くあるのが、口座買い取りやスマホを騙し取るといった闇金の手法にあります。
まずは利息をチャラにする代わりに口座を開設し、その口座を闇金に送るよう指示されます。スマホも同様に譲渡を要求され、闇金に対して恐怖感や負い目がある顧客はこれらの指示を拒否する事ができません。
しかし口座譲渡やスマホを他人に送る行為は犯罪に該当します。それらが犯罪に利用された結果警察から事情を聞かれる事があるだけではなく、口座を他人に譲渡する事によってブラックリストに載ってしまえば以降は銀行口座を作る事ができなくなります。スマホについては端末の支払いが自分自身に降りかかるため、金銭的なダメージを後々に渡って受ける事になるのです。

既に被害に遭っている方は専門の弁護士へ

090金融と一度でも関わってしまえば、取り立て電話から始まり家族や会社まで巻き込み、さらには犯罪加担者として警察から逮捕されるリスクまで発生します。金銭的に追い詰められるだけではとどまらず、社会的な信用力を完全に失う事になりかねません。
そのため闇金被害を受けているときには早い段階で専門の弁護士に相談する事が欠かせません。弁護士は早ければ即日解決に至る事が可能であるため、被害が大きくなる前に取り立て電話をストップさせる事が可能です。