闇金がいったいどういう存在か、トラブルの解決にはどうしたら良いのか、これまで他の章でも見てきましたが、結局のところ根本解決には法律家を活用しなければならないことは確実です。

 

法律家の代表として弁護士を挙げることが多いですが、似たような存在に「司法書士(しほうしょし)」というものもあります。

 

両者は似て非なるものですが、司法書士でも闇金の相談が可能なこともあります。

 

今回は司法書士と弁護士の違い、闇金相談の有効性について解説します。

 

司法書士ってどんな人?

 

司法書士は弁護士と同じく士業の一つで、法律に関わる一定の内容について依頼者の相談に応じたり、書類を作成したり、手続きを代理することができる資格者を指します。

 

本来の守備範囲は主に登記事務で、不動産の権利関係を扱う法務局(登記所)で要する各種の手続きについて、依頼者に代わって行うことを得意とします。

 

しかし実際には登記業務に止まらず、相続問題など他の法律隣接領域の事案でも活動しています。

 

金銭問題方面では多重債務の問題が増え、また弁護士の数も不足していたことから一定の業務については制限つきで活動が許されています。

 

司法書士と弁護士の違いは?

 

司法書士で一定の研修を終えて「認定司法書士」となった者は、少額の事案について依頼人を代理することができます。

 

これは多重債務者の急増を受けて法務省が取り扱いを変え、司法書士の活躍の場を広げるようにしたためです。

 

ただし司法書士の場合弁護士と違ってかなり活動範囲が限定され、扱われる金額が140万円以下の民事事件しか取り扱うことができません。

 

弁護士との違いは色々ありますが、この金額面の制限が最も大きな違いと言えます。

 

弁護士にはこのような制限が無く、全ての事案に対処することができます。

 

闇金相談は司法書士でも大丈夫?

日本国内には闇金トラブルに特化して活躍している司法書士がいます。

例)ウイズユー司法書士事務所、エストリーガルオフィス、ウォーリア法務事務所など

こうした闇金に特化した司法書士であれば、闇金に関する知識やノウハウを蓄積しているため相談先としては適切と言えます。

闇金被害を相談するのであれば、「闇金に強くない弁護士」よりも「闇金に強い司法書士」を選んだほうが、取り立てや支払い停止はより確実になります。

司法書士は金額が140万円以下の事案だけとお話しましたが、闇金の貸し付け金については、金額に関わらずそもそも貸し付け契約が有効に成立していませんから、金額に関わらず司法書士でも対応が可能です。

料金的には弁護士との差をつけるために司法書士の方が若干安い費用で受けている所が多いようです。

ただし、闇金問題とは別に消費者金融などからの通常の借金の債務整理も頼む場合は、先ほどの140万円の壁が問題となることもあります。

この点を考えると、取り扱える業務について制限の無い弁護士の方がどんな事案にも対応できるので使い勝手は良くなります。