質問者

闇金業者の種類について、2018年時点でどの様なものがありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

先にも述べました通り、闇金の概念は財務局長又は都道府県知事の登録を受けておらず貸金を生業にしている者、全てを指します。
090金融みたいに一度も会う事無くお金を貸し付ける者、直接会ってお金を貸す闇金、会社経営者向けにファクタリングの仕組みを利用して債権を買い取ると言った闇金、返済を小切手、手形で返済させる闇金等、多岐に渡り種類があります。

奥野弁護士奥野正智司法書士

手口に目新しいものはありません。ソフト闇金など少数だったものが増えているようには思います。

090金融

非対面式の闇金融

時代と共に闇金の取り締まりが徐々に強化されていき、闇金業者もかつてのように目に見えた横暴な振る舞いを堂々とは取れなくなってきています。そのため現代で主流となっているのが店舗を構えず非対面で顧客とやり取りをする090金融です。
090金融とは電話を利用する事によって融資を行い、顧客が支払いを滞らせた時に取り立てる手法にも電話を使います。直接的な暴力を振るうケースは基本的にありませんが、度重なる電話攻撃によって顧客を精神的に追い詰め、さらには社会的な信用力を貶める事によって生存権を奪い尽くすような嫌がらせまで頻発させます。

090金融は摘発されにくい

ほとんどの闇金業者が店舗型から非店舗型へとシフトしたのは時代的な取り締まり強化の背景があります。090金融は店舗を構えている事によって警察に逮捕されやすいというデメリットを払拭し、徹底して身元を隠す事により法律による罰則や逮捕から巧妙に逃れています。
闇金が使う携帯電話はもちろんの事、融資や取り立ての際に利用する口座もそのほとんどが他人名義になっています。トバシ口座やトバシ携帯と呼ばれるそれらを活動に用いる事により、自分たちの行動の実態を操作上に浮かび上がりにくくさせています。そもそも店舗を持たない事から拠点を割り出す事が難しいのに加え、このようなカモフラージュの手口を使う事によって活動のリスクを軽減させているのです。

Twitterで個人融資を装った闇金

個人融資者のほとんどは闇金

Twitterのアカウントを見ていると、時々個人融資を名乗る人物が目に入るかもしれません。金銭的な事情を抱えている人の目には特に映りやすくなる事でしょう。即日融資や多重債務者可能などというハッシュタグを利用し、他では借りられなかったりすぐにでも現金を用意したかったりする人達をSNS上で募っています。
ところがこの手の個人融資者とはその実態が多くの場合で闇金融です。親しみやすそうなアイコンを設定するなどして客をより引き込みやすくしていますが、一度関わってしまうと思わぬトラブルに巻き込まれていく事になります。

違法な高金利と悪質な嫌がらせ

Twitterの個人融資者は美味しい話で人を惹きつけ、保証人不要など謳っては巧みな対話能力で高金利の条件を飲ませ、ほとんど無理やりに近い形で契約を取り交わします。その金利は週倍に及ぶ事もあり、ほんの数万円を借りただけであっても後々まで返済が終わらない状況へと追い込まれます。
金利が高すぎるため支払い不能に陥る人も多いですが、そうなるとSNS上に誹謗中傷を流されるなどの悪質な嫌がらせを受けるケースも良くあります。顧客に顔写真を送らせて、写真を使った脅迫文や中傷文などの嫌がせをする場合も少なくありません。

ソフト闇金

近年数が増えているのがソフト闇金という業態ですが、ソフト闇金も他の090金融などと実態は変わりません。違法な高金利を設定して顧客を極限まで追い込み、搾り取れる限り金をむしり取っていく悪質な業者です。
他の闇金との違いと言えば、ソフト闇金はその名の通り対応が柔らかいことです。多重債務などにより他者で借りられない顧客に優しく声をかけ、親切な様子を見せて相手を信用させてしまいます。
支払えなくなった途端に態度を急変させる事も多いですが、取り立ての際にも表立った脅迫的な言葉は投げつけないケースもみられます。水面下で精神を追い詰めたり、家族や会社などに電話を入れて本人の立場を貶めたりするのです。
無登録であるため違法業者に変わりはありませんが、やり口がより巧妙でグレーゾーンに入るため、警察に提示できる証拠も少なくなり摘発されにくい性質があります。

仲介人を名乗る闇金

融資希望者に対して闇金業者を仲介する仲介人も近年目立ってきている悪質業者です。ブラックリスト入りしてしまっているため他の金融機関で融資を受けられない人などに闇金業者を紹介するのですが、実際にはこの仲介人そのものが闇金業者であるケースも少なくありません。
またはすでに闇金業者から金を借りて返しきれなくなった顧客に対し、仲介人が別の闇金業者を紹介する事もあります。闇金融と言う組織はいくつかで繋がっている事もあるので、返済のために借金を指せるという事を繰り返させる場合もあるのです。

買い取り闇金

買取闇金の手口とは、まず顧客に対して高額の商品を小切手で購入させ、購入した物品は指定の買取業者に買い取らせます。顧客は買取業者から代金として金銭を受け取れますが、闇金側に渡った小切手はそれよりも高額であるためその差額分の利益が違法に搾取されます。
買取闇金はこのような手口で企業の事業主等を狙いますが、現金やカードのキャッシング枠を利用して個人を狙う事もあります。この場合の物品の購入を指せたり買取をしたりする業者は全てグルであり、このような詐欺行為を行う闇金融も存在しています。

ファクタリングを装う闇金

会社の経営者や個人事業主がターゲットにされやすいのがファクタリングを装った闇金です。
ファクタリングとは債券を売買する事によって資金を調達する手法であるため正規の業者であれば違法性はありません。通常は現金を得たい顧客からファクタリング業者が売掛金などの債権を買い取り、債権を回収する先となるのは売掛先の企業です。
ところが闇金の場合、売掛債権等を担保として顧客に融資を行います。本来なら金の回収は売掛先に行うべきものですが、ファクタリングを装った闇金は売掛先からの回収は行わずに顧客から手数料や金利を要求します。
正規のファクタリングは金利が発生する事はなく、利息が付くのであれば貸金業の登録が求められます。こういった詐欺行為を行う闇金も出てきているため、個人だけではなく企業も注意が必要な時代です。