質問者

闇金業者にiPhoneやiPadを郵送する様に指示されました。送っても大丈夫なのでしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

SIMカードを入れたまま郵送すれば、そのSIMカードで全国の被害者連絡用に使われてしまい、遅かれ早かれ警察に強制停止させられ、闇金の一味と思われ、捜査の対象になりかねません。

このSIMカードも口座と同様、他人への譲渡、売買は契約上、禁止されておりますので携帯会社に対する詐欺罪と考えれられます。

また、端末は携帯買取業者に売られ、売買代金は闇金の利益に変わります。闇金からは「直ぐに返す」「解約料はこちらで払う」などの約束は一切守ってくれませんので渡してしまいますと大変な事になります。

奥野弁護士奥野正智司法書士

個人情報漏洩等の可能性がありますし、ご自身が罰せられる可能性もあるので、当然送らない方が良いでしょう。
契約したまま送るとそのまま犯罪に使用されることがあるのでご注意ください。

闇金は頻繁に携帯電話(スマホ)を要求してきます

闇金業者の完済させない手口

闇金が携帯電話(スマホ)を要求する口実
  • 融資する為の審査に必要だとして
  • 利息の支払いを待ってやる変わりに
  • 携帯・スマホを送ってくれたら買い取る・・等

闇金業者は上記の様な口実で、言葉巧みに携帯電話を契約させて、指定の住所まで送付する様に指示してきます。(タブレットを要求する他、ヘッドフォン等の付属品まで送らせる業者も活動しています)

しかし、多くのデメリットがある為、決して応じてはなりません。

闇金は携帯電話を送っても約束を守る可能性は低い

悪だくみする闇金

融資を約束していた場合
スマホを3台程度送付させられ、そのまま闇金業者が音信不通になるケースが多発しています。
スマホを送ると買い取るという約束をしていた場合
スマホを数台契約して送付しても約束していた金銭が振り込まれず、そのまま闇金業者と連絡が取れなくなることが多いです。この詐欺は「白ロム詐欺」と呼ばれています。
利息を待ってやると言われた場合
その場は一瞬収まるかも知れませんが、次回支払えない場合に再び取り立てが行われることになります。

闇金に携帯電話を渡すデメリット

闇金被害者を疑う警察官

携帯電話会社への詐欺罪に該当する。

闇金からの求めに応じて自分名義で契約したスマホを郵送してしまうと、その時点で携帯電話会社への詐欺罪が成立します。

携帯電話会社が被害者で契約者が加害者という関係性になるため、携帯電話会社から被害届を出されてしまうと契約者が取り調べを受け、逮捕されてしまうケースもあるのです。

携帯電話の割賦代の借金が残ってしまう

携帯(スマホ)を実際に郵送した後でも闇金業者から約束の金銭を支払われる事がありません。

また、お金が振り込まれないどころか、被害者にはスマホ代金の割賦代だけが残ってしまいます。

自分名義の携帯が犯罪に利用されてしまう

闇金に渡したスマホは闇金の営業活動に使われたり振り込め詐欺に利用される可能性が高く、その電話を警察が調査した際に契約者の名義は確実に分かってしまいます。

その際に、警察はスマホの契約者を闇金の共犯者であるとみなすのです。その結果、取り調べを受け、最悪の場合逮捕されてしまう可能性もあります。

闇金の要求を上手く断るには?

闇金の取り立て

闇金に個人情報を一切伝えていないのであれば、闇金からの要求を無視していれば特に問題は無いでしょう。

ただし、近年はSNSが普及していることもあり、名前や住んでいるエリアを知られることでFACEBOOK等のアカウントを特定される恐れもあります。

氏名さえも一切知られていないということであれば、その心配さえも無いので闇金業者の番号を着信拒否にしておきましょう。

闇金に個人情報を知られている場合

闇金に個人情報を知られていたり、闇金から既にお金を借りているという場合、闇金の要求を断ることで嫌がらせに遭う恐れがあります。

また、緊急連絡先として家族や職場の連絡先を伝えていると嫌がらせが、第三者へと向かうことになる為、慎重に対応する必要があるのです。

警察は、闇金相談をしても動かないことが多い

闇金問題に動かない警察

一般の個人が警察に闇金の相談をしても、対応して貰えないことが多いです。

根気強く交渉することで警察が闇金に対して警告電話をかけてくれたとしても、警察は最後まで被害者を守る訳ではないので闇金の嫌がらせは再発してしまいます。

(参考記事:闇金は警察に相談しても取り立てを止めない!

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

かわって、闇金に強い弁護士が介入すると、闇金業者の多くが即日で取り立てを止めます。

闇金に強い弁護士は、一般の方では動かすことが困難な警察を、闇金の摘発に向けて動かすことが出来る為、闇金業者もこの手の法律家を敵に回したくないという現状があります。

※1社の解決にかかる費用は5万円程度。

闇金の弁護士介入後の即日解決の割合

※Duelパートナー法律事務所の集計データ

当サイトの取材に協力して頂いているDuelパートナー法律事務所では、7割が即日で解決しており、残りも1~3日で解決しています。

闇金業者は、口座やスマホを強制的に凍結されてしまうリスク、逮捕のリスクを負うよりは、一人の顧客を諦めることを選ぶのです。

まとめ

  • 闇金に携帯を契約して渡すと犯罪になる
  • 闇金に携帯を渡しても約束は果たされないことが多い
  • 携帯電話会社に借金だけが残ってしまうので良いことは一つもない
  • 闇金から離れる場合、専門の弁護士に頼むとスムーズに解決しやすい

闇金業者に携帯電話を契約して渡すことは百害あって一利無しと言えます。

闇金業者が約束を守らずに音信不通になり、悔しい思いをするだけならまだ良いのです。

しかし、被害者は携帯電話会社への詐欺を行った加害者になってしまうということ、携帯電話会社への借金が残ってしまうというデメリットを背負うことになります。

くれぐれも、闇金業者には携帯やスマホ、タブレットなどを渡してしまわない様にご注意下さい。