質問者

闇金に申し込み後、キャンセルした場合、取り立てなどのリスクはありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金はお金貸屋ではなく「ゆすり、恐喝集団」です。

お金を借りている、いないは関係ありません。嘘と恐喝で一生お金を巻き上げるのが闇金の仕事になります。

「キャンセル料払え」と請求される可能性が極めて高いですが、勿論、法律上支払う必要の無いお金です。

支払わないと関係先に督促、嫌がらせを行ってくるのでこれがリスクになると思われます。どれだけ関係先の情報を与えているかによってリスクが異なります。

奥野弁護士奥野正智司法書士

闇金への申し込みだけでもリスクはあります。

申し込みを行い、準備をしていた等の理由でキャンセル料を請求し、その取立てを始めるいわゆる「キャンセル料請求」が始まります。

 

闇金に申し込み後のキャンセルによって受ける被害

闇金の申込をキャンセルしたい

闇金申し込み後のキャンセルから受ける被害

  • キャンセル料を払えという取り立て
  • 本人、会社、家族への恐喝電話
  • 口座に無理やり振り込む「押し貸し」
  • スマホや口座を契約して渡す様に要求してくる

闇金に申し込んだものの、条件等を聞いて途中でキャンセルをした場合、闇金業者からキャンセル料の請求や、嫌がらせを受ける可能性があります。

闇金業者に勤務先を知られていれば、借りていないにも関わらず、勤務先にも電話が及ぶ為、出来る限り個人情報を教えない様に注意が必要です。

また、業者に口座の情報を知られていれば、無理やり金銭を振り込んで、利息を請求するという「押し貸し」の被害に遭うこともあります。

尚、スマホや口座を契約して闇金業者に渡せば、数十万円の融資をしたり、数万円で買い取ると業者が言ってくることもあるのですが、スマホも口座も第三者に渡す行為は犯罪です。警察から取り調べを受ける可能性もあるので応じない様に気を付けて下さい。

闇金に教えた関係先の全てが取り立ての対象となる

闇金の取り立て

  • 本人の住所、連絡先
  • 会社、家族の住所、連絡先
  • 家族構成(子供がいることを知られると校区を割り出して、子供の学校を特定される)

闇金業者にどれだけの情報を与えたかによって、被害の規模が異なります。

まず、闇金業者の嫌がらせは本人の携帯電話への恐喝電話から始まり、ピザの大量注文、消防車を呼びつけるといったものへエスカレートしていきます。勤務先である会社を知られていれば嫌がらせは会社まで及び、家族の連絡先や住所を知られていれば、家族だけでなく、家族の職場やご近所さんにまで嫌がらせが拡大していきます。

事前に嫌がらせのリスクを潰す解決方法

  • 闇金に強い弁護士(司法書士)経由で闇金業者を撤退させる
  • 闇金弁護士の費用は5万円程度(分割・後払い可能)
  • 警察は個人が闇金相談しても動かない

闇金業者への申し込みをキャンセルしたい場合、正面からキャンセルしたいことを伝えると嫌がらせに遭うリスクがあります。

しかし、闇金に強い弁護士に依頼することで、闇金業者は即日で撤退していきます。

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

警察は個人が闇金被害の相談をしても動かないことが多いです。(参考記事:闇金は警察に相談しても取り立てを止めない理由

その為、警察だけに頼っていると、その間に勤務先や家族へと被害が拡大してしまう恐れがあります。

ですが、闇金に強い弁護士や司法書士は警察を闇金摘発に向けて動かす様に働きかけることが出来ます。

それだけでなく、闇金に強い弁護士(司法書士)は闇金業者の使う携帯や口座を凍結することも出来るため、闇金業者としては、厄介な法律家の関わった顧客を追っても、圧倒的にデメリットの方が多くなるのです。

その為、闇金業者は闇金に強い弁護士(司法書士)から電話が入った時点で取り立てを止めて離れます。

万が一職場や家族に連絡されていたら弁護士がフォローしてくれる

会社へフォローする闇金弁護士

闇金業者から勤務先や家族に取り立て電話をかけられていた場合、本人の印象はとても悪くなってしまいます。

その為、闇金に強い弁護士が、「依頼者は闇金から借りた訳ではなく、個人情報を悪用されてしまった被害者である」というフォローの電話を勤務先まで行うこともあります。

嫌がらせが生じる可能性が高い対処方法

  • 警察に相談
  • 個人で立ち向かうリスク
  • 消費生活センター
  • 無視
警察に相談 個人が闇金被害の相談をしても対応してもらえないことが多い。仮に警告電話をかけてもらえたとしても、最後まで守ってもらえず、また闇金業者もそのことを知っているため、嫌がらせが再発、エスカレートする可能性が高い。参考記事:闇金は警察に相談しても取り立てを止めない!その理由とは?
個人で立ち向かう 闇金業者に正面から異議を申し立てると、ほぼ確実に嫌がらせの被害に遭ってしまう。
個人では闇金に引いた方が得だと思わせる武器が無い為に、闇金は顧客に支払いを促すための嫌がらせを行う。
消費生活センター 払う必要が無いので無視をする様にアドバイスする傾向がある。
しかし、個人情報を知られている状態で無視をすると職場に連絡が及ぶリスクがある。
無視する 勤務先や家族の連絡先を知られていた場合、闇金からの連絡を無視し続けることで勤務先、家族、家族の勤務先、へと被害が拡大する。

闇金に強い弁護士、司法書士でなければダメなのか?

闇金の申し込みをキャンセル後、業者からの連絡を無視し続けることで諦めてもらえる可能性はあります。

しかし、関係先の情報を闇金業者に教えてしまっている場合、無視を続けることで、その業者が諦めるまでに勤務先やご家族への取り立てや嫌がらせが生じてしまうことになります。

闇金に強い弁護士や司法書士への依頼は、「絶対に勤務先や家族に闇金に電話をさせたくない」という方にとっては、唯一の方法と言えます。

まとめ

  • 闇金の申し込みをキャンセルすると闇金からの嫌がらせが生じる
  • 未然に闇金の嫌がらせを防ぐなら闇金に強い弁護士(司法書士)に依頼
  • 闇金に強い弁護士(司法書士)は即日で闇金業者を撤退させられる

闇金に強い弁護士や司法書士は日本全国から相談や依頼を受け付けています。

現在、「闇金に申し込みだけしてしまい、今後のことで心配している」という方は無料の電話相談だけでも利用しておきましょう。

ご自身の状況によっては、法律家を介入させる必要も無いでしょうし、嫌がらせを受けるリスクが高い場合には解決方法の提案を受けることができます。