闇金に申し込んでしまった被害者

(この記事は3分で読めます)
この記事のまとめ
  • 闇金に申し込んでしまっただけでも嫌がらせのリスクが生じる
  • キャンセル料を請求されても支払う必要は無い
  • 専門知識のある法律家へ依頼し、闇金との関係を断つことが出来る
■この記事の取材に協力して頂いた専門家

正野嘉人弁護士

東京弁護士会所属。30年以上の闇金対策の実績を持ち、闇金だけではなくネット上の詐欺や、オレオレ詐欺の対策なども得意分野としている。

奥野正智司法書士

大阪司法書士会所属。20,000件を超える闇金解決の実績があり、NHKの番組『ねらわれる若者たち追跡”SNSヤミ金”』にて取材を受けている。

闇金は「申し込みだけ」でも危険!キャンセル時の注意点とは?

質問者

闇金に申し込み後、キャンセルした場合、取り立てなどのリスクはありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士
「キャンセル料払え」と請求される可能性が極めて高いですが、勿論、法律上支払う必要の無いお金です。

支払わないと関係先に督促、嫌がらせを行ってくるのでこれがリスクになると思われます。どれだけ関係先の情報を与えているかによってリスクが異なります。

奥野弁護士奥野正智司法書士

闇金への申し込みだけでもリスクはあります。

申し込みを行い、準備をしていた等の理由でキャンセル料を請求し、その取立てを始めるいわゆる「キャンセル料請求」が始まります。

闇金に申し込んだだけでもリスクがある

「闇金と知りながら申し込んだものの、条件等を聞いて途中でキャンセルをした」「闇金とは知らずに申し込んでしまった」

上記の様な事情で、闇金からの融資をキャンセルしたいことを伝えると、闇金業者はキャンセルをさせない様に圧力をかけてきます。

闇金の融資を断った後の闇金の手口
  • キャンセル料を払えという取り立て
  • 本人、会社、家族への電話
  • 口座に無理やり振り込む「押し貸し」

「キャンセル料を払え」というキャンセル料の請求

闇金の取り立て
闇金に申し込むと、まず闇金業者から融資の電話がかかってきます。この時に融資を断ることで闇金業者から「キャンセル料を払え」という要求を受けることになります。

もちろん、キャンセル料は支払う必要の無いお金です。

しかし、キャンセル料の支払いを拒むと闇金業者が、脅迫したり、実際に嫌がらせをすることで被害者を自分の要求に従わせようとしてきます。

この様な取り立てに遭ってしまった場合には、闇金対応の専門知識を持った法律家(弁護士や司法書士)に介入してもらい、関係を断ってもらう必要があります。

キャンセル料を払うと何度も請求されてしまいます

闇金はキャンセル料の支払いを断ると嫌がらせを行いますが、かと言ってキャンセル料を支払うと「脅すとお金を払う」いわゆるカモだと判断をされてしまい、その後何度も請求されてしまう恐れがあります。

勝手にお金を振り込まれる「押し貸し」

闇金の申し込み時に銀行口座の情報を送ってしまっていると、無理やり金銭を振り込んで金利を請求される「押し貸し」の被害に遭うこともあります。
※押し貸し被害を避けるためにも、闇金に教えてしまった口座は解約しておきましょう。

勤務先など関係先への電話

闇金へ申しこむと、闇金業者から融資の電話が入ってきますが、この闇金からの電話に出ないことで、勤務先など関係各所へと闇金からの電話が入ることがあります。

こちらは闇金業者にどれだけの情報を与えたかによって被害の範囲が異ります。

闇金業者に勤務先を知られていれば、借りていないにも関わらず電話が及んでしまうため、出来る限り個人情報を教えない様に注意が必要です。

事前に嫌がらせのリスクを潰す解決方法

これから紹介するのは、「闇金から勤務先やご家族へと連絡や嫌がらせをさせずに解決する方法」です。

闇金業者への申し込みをキャンセルしたい場合、正面から「融資はキャンセルしたい。そしてキャンセル料を払うつもりはない」ということを伝えると嫌がらせに遭うリスクがあります。

ところが、闇金問題に専門知識のある弁護士や司法書士を介入させることで、闇金業者の多くが当日中に被害者から手を引いていきます。

闇金に強い弁護士が介入すると
警察は個人が闇金被害の相談をしても、動いて貰えず相談止まりになることが多いです。(参考記事:闇金は警察に相談しても取り立てを止めない理由

しかし、闇金に強い法律家は警察を闇金摘発に向けて動かす様に働きかけることが出来ます。

また闇金業者の使う携帯や口座を凍結することも出来るため、闇金業者としては、厄介な法律家の関わった被害者を追っても、圧倒的にデメリットの方が多くなるのです。

その為、ほとんどの闇金業者は闇金に強い弁護士(司法書士)から電話が入った時点で取り立てを止めて離れます。

現役の法律家による「申し込んでしまった闇金」への対処方法

質問者

闇金に融資の申し込みをした段階での問合せは多いですか?

奥野弁護士奥野正智司法書士

多いです。

融資の申し込みをしたものの、後でご自身で調べて、怖くなって相談されてきています。

質問者

その場合、どの様に案内をされているのでしょう?

奥野弁護士奥野正智司法書士

ご本人の判断にはなりますが、通常そのあと連絡が来て融資の話があり、

断ったら断ったでキャンセル料を請求され、出なかったら出なかったでいきなり勤務先に連絡がかかってくることになります。

質問者

怖いですね。

奥野弁護士奥野正智司法書士
だから、安心を買うという意味で先に契約しておいて、相手からのアクションがあったら電話には出ずに、番号を教えてもらって、

こちらから接触をして「この方についてはもう手を引け」と「もうウチが代理人についているから」ということで終わらせています。

人によっては「様子を見ます」ということもありますが、

そのあと「こういった動きがあったので」と戻ってこられて依頼に至ることもあります。

事前に法律家と打ち合わせをすることでリスクを潰しておく

闇金に申し込んでしまった場合
取材に応じて頂いた法律家の対応方法を図解にすると、この様になります。

お金のかかることではあるので最終的に法律家へ依頼をするかどうかはご自身の判断にはなるのですが、事前に闇金への専門知識を持つ法律家と契約をしておき、闇金からの連絡に備えておくことで関係各所への連絡を防ぐことができます。

闇金対応は法律家でなければダメなのか?

「無視する」とどうなる?

闇金の申し込みをキャンセル後、業者からの連絡を無視し続けることで諦めてもらえる可能性はあります。

しかし、関係先の情報を闇金業者に教えてしまっている場合、無視を続けることで、その業者が諦めるまでに勤務先やご家族への取り立てや嫌がらせが生じてしまうリスクが生じます。

警察はどこまで対応してくれる?

警察に関しては闇金の相談をしても動いてもらえないケースが多いことと、動いてもらえたとしても、闇金が諦めるまで圧力をかけてくれるという保証がありません。
関係先を巻き込む前に、間に合わせるための対応をお願いしても応じてもらうことは難しいでしょう。

ポイント

専門知識を持った法律家への依頼は、「関係先を巻き込まずに闇金との関係を終わらせる」という意味では最も成功率が高い方法と言えます。

まとめ

闇金に申し込んでしまい個人情報を渡してしまうと、「闇金との関わりを周りに知られたくない」という弱みに付け込んで、支払う必要の無いキャンセル料を支払わせるように脅迫してくる可能性があります。

もちろん、闇金のキャンセル料は支払う必要の無いお金です。

闇金からの周囲への影響を避けたい場合は、専門知識を持った法律家へのご相談をご検討ください。

この記事の執筆者
闇金弁護士110番 編集部
>>運営者情報はこちら

闇金弁護士110番、運営会社の編集部がこの記事をまとめています。弁護士の先生や、司法書士の先生への取材を行った上で読者の方に役立つ、事実に基づいた情報の発信を心掛けます。