質問者

闇金の取り立てを無視し続けるとどうなりますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

嫌がらせを数日~数カ月受ける可能性が極めて高いです。ただし、嫌がらせが一段階目で終わるか二段階目の嫌がらせで終わるか三段階目の嫌がらせまで発展するかは状況によってまちまちです。

⇒闇金の嫌がらせ手口や段階について

奥野弁護士奥野正智司法書士

職場や家族に嫌がらせの連絡がとまらず、退職に追い込まれる事もあります。また、家族の職場にまで被害が及び、家族も退職に追い込まれる事もあるため、早めに専門の法律家へ相談しておくべきです。

闇金の取り立てを無視するとどうなる?

勤務先、実家へと電話、嫌がらせが生じる

闇金からの取り立てを無視する行為は大変危険です。闇金からの取り立て電話を無視したり、着信拒否にしたりすると、緊急連絡先に登録した勤務先や実家へと嫌がらせが発生します。会社に取り立てが入れば自分自身の立場も危うくなり、最悪の場合には解雇を言い渡される事態にまで発展してしまうリスクも生じるでしょう。
闇金が融資の際に緊急連絡先の登録を指せるのは、こういった借金未払いのまま顧客と音信不通になるような事態に備えてのものだと言えます。緊急連絡先とは闇金にとっての担保となるのです。
本人が支払わなければ別の第三者へと目を向けます。またそれと同時に、別の第三者へと目を向けられたくないのであれば支払い要求に応じろという、顧客に対する精神的な圧迫を含んでいる面もあります。そしてそのどちらも本人にとってのデメリットになる事は言うまでもありません。

闇金業者の嫌がらせの影響はどこまで拡大するか

お隣さん、ご近所さんへの嫌がらせ

闇金業者の嫌がらせは家族や会社だけではとどまらないケースも少なくありません。たとえば自宅の隣に住んでいる全く無関係の第三者が被害に遭うケースもあるのです。
ご近所さんへの嫌がらせは一見するとなんの効果もないように見えます。顧客本人には外から見ればなんの被害もなく、家族や会社に取り立て電話をされるよりも良いと思う人もいるかもしれません。
しかしこの行為によって、近所の人達からはほぼ間違いなく不審な目で見られてしまう事になるでしょう。隣人自身に被害者感情が高まっていれば、闇金と繋がっているその人自身を恨む事もあるかもしれません。
結果として近所から孤立するという社会的損失を被るため、間接的な被害を及ぼす事により顧客にダメージを与えるのです。

写真を使った嫌がらせ

近年増加しているのが写真を使った嫌がらせです。顔写真を送らせたり、女性であれば裸の画像を送信させたりする場合もあります。
それらの写真はもちろん顧客への嫌がらせのために利用されます。たとえば会社に向けて顧客の顔写真を付けた誹謗中傷FAXを送りつけるような例を一つ挙げる事ができるでしょう。あるいは本人にとって誰にも見られたくない裸の画像をネットに拡散させたり、拡散させると脅されたりするケースも実際にあるのです

SNSを使った嫌がらせ

SNSを利用して行う嫌がらせも近年の主流となっている取り立て手口です。SNSに本名で登録している場合、闇金がそのアカウントを探り当てて顧客の交友関係を洗い出します。そして親しくやり取りしている人などに狙いを定め、顧客に関する根も葉もない噂を流したり誹謗中傷を行ったりするのです。
SNSは現代の人にとって一つの遮光場にもなっている訳ですから、これによってネット上での自分の立場を大きく損ねてしまう事にも繋がります。

闇金の取り立てを無視する事はリスクでしかない

上記のような事例からも分かるように、闇金業者の嫌がらせはどこまで影響が及ぶか分かりません。家族や会社だけではなく無関係の隣人まで巻き込み、その上さらに顔を合わせた事もないようなSNS上の繋がりにまで侵入してきます。
安易に取り立てを無視してしまうのは危険であるため、根本から事態を収めなければ意味がありません。

弁護士への相談で取り立てをストップさせる

早めに専門の弁護士へ相談しておきましょう

闇金業者の取り立てをストップさせ、周囲への被害拡大を防ぐためには専門の弁護士への相談が最善となります。闇金対応に慣れている弁護士の場合、その多くが即日で解決に至っています。管轄の縛りがある警察とは異なり、全国対応を可能としているのも闇金弁護士の特徴です。090金融のように拠点のわからない相手であっても即座に交渉にあたってもらえます。
もしも闇金の取り立てに悩んでいるのであれば専門の弁護士へ相談して、根本から解決することが求められます。取り立て電話を放置して被害を拡大する事はなんとしても防がねばならず、そのためにもまずは無料相談だけでもしておくことが必要となるでしょう。