質問者

闇金の取り立てや嫌がらせはいつから始まるのでしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金業者の忙しさにもよりますが、支払いが滞る、業者からの連絡を無視することで即日嫌がらせが始まる、又は次の日と考えて頂いて差し支えありません。

奥野弁護士奥野正智司法書士

支払われないと即開始されるでしょう。
払い続ければ嫌がらせはないのかもしれませんが、違法金利を払い続けることは無理です。
いつか支払いすることができない日がやって来ます。

闇金業者は金を借りるまでは人が良さそうに演出して利用者を安心させますが、闇金の正体は法を無視した犯罪組織ですからいざとなれば執拗な取り立てや嫌がらせをして利用者を心身ともに追いつめてきます。

 

こうした行為が闇金との取り引きのどの時点で発生するのか解説します。

 

取り立て行為がなされる時期

 

貸し付けの際には返済期日が設定されるので、その時点までに約束の返済が行われれば取りあえず督促はされません。

 

この返済日に返済がなされないと、まずは本人の連絡先に接触してきます。

 

約束の返済がされなかったわけですから多少の暴言を吐かれます。

 

返済が無い場合、利息は元本に組み込まれて次回以降の返済負担は増えるので、その点の説明もされるでしょう。

 

もし本人が隠れたり、連絡がつかないようにしていると、緊急連絡先として教えた家族や友人知人、あるいは職場などに連絡がいきます。

 

本人にしっかり返済させるように圧力をかけさせ、その望みが薄い場合は関係者に代わりの返済を督促することになります。

 

嫌がらせ行為が始まる時期

 

本人や関係者に督促を行ってもなお返済がない、あるいは雲隠れして連絡がつかなくなると嫌がらせ行為が始まります。

 

どのような嫌がらせ行為がなされるかは個別ケースで異なりますが、執拗な電話をかける「鬼電」はもちろん、住所が分かっている先に対しては大量の出前を届けたり救急車を呼ばれたりもします。

 

闇金が地元に事務所を構えている場合は自宅に押しかけられて窓ガラスを割られるなどの被害が起きることもあります。

 

最近ではSNSを利用して利用者の個人情報を晒したり、友人からの信頼を貶めるように誹謗中傷したりと悪質な手口も報告されています。

 

こうした嫌がらせ行為は、1度程度返済が滞ったとしても連絡自体はつき、返済できなかった詫びを入れて理由を説明すればその回限りは避けることができるかもしれません。

 

しかし連絡がつかない場合や、何か闇金を怒らせるような言動があった場合はすぐに実行されます。

 

まとめ

 

今回は闇金からの取り立てや嫌がらせが始まる時期について見てきました。

 

一般的には上述したような過程を取りますが、事案によってはしっかり返済したにもかかわらず押し貸しやカラ貸しをされてそこから意図せず督促や嫌がらせにつながることもあります。

 

いずれにしても早急に闇金とは手を切る必要があるので、事態が悪化する前に専門の法律家に相談して下さい。