質問者

闇金の取り立てが実際に子どもへ向かうことはありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金からの請求に対して支払いが出来なければ第三者へ取り立てと嫌がらせを行ってきますので子供の個人情報を教えているならば向かう可能性は極めて高いです。

小学生、中学生のお子様がいらっしゃって、学校名を言ってなくても年齢を教えている場合は、学校名も特定されていると考えた方がいいでしょう。

奥野弁護士奥野正智司法書士

お子様の情報を闇金に教えていると、お子様に直接的な被害はありませんが、学校に嫌がらせをされるケースは少なからずあります。

闇金は子どもの通う学校に取り立てを行うことがある

学校

  • 闇金が子どもに直接危害を加える可能性は低い
  • 闇金は子どもの通う学校へと電話で取り立てを行う

闇金への支払いが出来ない、あるいは闇金の電話を無視するなどの態度を取った場合、闇金の取り立てが第三者へ取り立てが向かうことになり、その嫌がらせは子どもが通う学校に及ぶこともあります。

昨今の闇金は電話のみで営業するタイプの業者がほとんどで、暴力を振るわれたりという可能性は低いです。

しかし、学校の職員室へと親を名指しで取り立てを受ける為、借りた本人だけでなく、その子供までが精神的な負担を抱えることになり兼ねません。

住所と子供の年齢から学校を特定される

小学生、中学生の子どもが居れば、子供に被害が及ぶ危険性も生じます。本人の住所から校区を特定されてしまえば、通っている学校自体も特定されている恐れがあるのです。

子どもの年齢という情報だけでも子どもの通う学校は特定される場合があります。特に校区が指定されている小中学生であれば学校を探す範囲も限られるため、子供の直接的な情報を渡していないからと言って楽観視はできません。

子どもへの嫌がらせが起こる前兆

闇金の嫌がらせは徐々に範囲が広がっていく

  1. 闇金に支払えなくなる
  2. 借りた本人への取り立て
  3. 本人の勤務先や子供の通う学校への取り立て

闇金の嫌がらせは、借りた本人が支払えなくなることで開始されます。

最初は電話で本人に対して行われますが、それでも支払われなかったり、本人が電話に出ないと被害は関係各所へと拡大していきます。

本人の次は、勤務先や家族。その次は家族の勤務先やお隣さんという流れになります。

子どもの通う嫌がらせが発生するとしたら、それは本人への取り立ての後です。

その為、自分自身の携帯電話への取り立てが開始された時点で支払うことが難しければ、子どもの通う学校への取り立てが行われるのは時間の問題と言えます。

子どもに被害が及ぶ前に根本解決するには

闇金業者の引き際

※闇金に強い弁護士が介入した後、闇金業者は上記の理由で依頼者から引いていく

  • 闇金に強い弁護士が介入すると、闇金業者は即日で取り立てを止める
  • 闇金解決に掛かる費用は5万円(分割払い可)
  • 闇金業者は個人が警察にかけこんでも取り立てを止めない

個人が警察に闇金の相談をしても動いてもらえません。(参考記事:闇金は警察に相談しても取り立てを止めない理由とは?

しかし、闇金に強い弁護士は、警察を闇金の本格的な捜査に向けて動かすことが出来ます。

上記の事情から、闇金業者は厄介な法律家の介入を「引き際」と考えており、そのほとんどが即日で取り立てを停止します。

子どもへの取り立てが及ぶ前に闇金に強い弁護士を介入させること

闇金に強い弁護士

闇金が子どもの通う学校に取り立てを行うのは、本人への取り立ての後です。

なので、支払いが苦しくなったり、自分自身への取り立てが始まった時点で闇金に強い弁護士に依頼することで、子供の通う学校への取り立てを未然に防ぐことが出来ます。

闇金に強い弁護士や司法書士の中には、無料の電話相談を受け付けている事務所もあるので、早めに相談だけでもしておきましょう。

何かあった時に直ぐに動くことが出来るので、手遅れになるのを防ぐことに繋がります。