質問者

闇金の取り立てが家族に及ぶことはありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

ご家族の情報を教えているのであれば遅かれ早かれ取り立てが及びます。
闇金に支払えないとき、闇金の取り立てを無視したとき、に業者に伝えた関係先に取り立てが生じます。

奥野弁護士奥野正智司法書士

もちろんあります。
闇金に伝えてある緊急連絡先には取り立ての電話が及ぶことを想定しておくべきでしょう。
酷い場合には、緊急連絡先の方の職場にまで嫌がらせが及んでしまうため、なるべく早く専門の法律家へ相談されて下さい。

闇金の取り立てで家族に被害や連絡が及ぶことはあるのか?

闇金業者は貸付の際に緊急連絡先を確認している

闇金業者の融資状況

闇金業者の利用者が減らない背景には、他の融資会社では借りられない人であっても簡単に借りられてしまうという実情があります。多重債務に陥っている人や自己破産をした事がある人の場合、融資の申し込みをした時に金銭的経歴などを調べられるため申し込みを断られてしまう事がほとんどです。
お金のやりくりに困っている人はなんとしても借金をしたいと思いますが、そういった時に闇金の広告などを見てついつい手を出してしまいます。闇金業者は他の金融機関と異なり融資条件となる審査が非常に甘い、あるいは審査そのものがない場合さえあります。そのため楽々お金を手にする事ができてしまうのですが、この融資行為こそ闇金の魂胆なのです。

担保となる緊急連絡先

甘い融資条件の代わりとして、申込者は必ず緊急連絡先の登録を求められます。緊急連絡先と葉や棄民からしてみれば借金の担保です。
もしも顧客が取り立てに応じなかったり支払いを滞らせたりした場合、闇金は緊急連絡先へと取り立てを開始します。そしてその緊急連絡先に家族や実家の情報を伝えていれば、取り立てや嫌がらせが家族にまで及んでしまう可能性が高まります。

想定される被害

電話による取り立て

家族への二次被害も顧客本人に対して行う行為と内容は変わりません。まずは電話による執拗な取り立てを行うことが通常です。
単なる返済を求める電話と言うだけでも家族からしてみれば不安の募るものですが、その取り立ての方法が脅迫的な言葉であれば恐怖感も一層増してきます。緊急連絡先を渡してしまう事によって家族そのものを人質に取られる事になるのです。

デリバリーやタクシー等の嫌がらせ

自宅の住所も登録していればその住所が狙われるケースも多いです。闇金が良く使う手口としては、自宅の前にタクシーを呼びつけたり、デリバリーを勝手に注文したりする行為です。
タクシーもデリバリーも代金を支払う必要はなく、事情を説明して帰ってもらうことによってその場は収まります。しかしデリバリーの大量注文などはあからさまな嫌がらせとなり、被害者を精神的に追い詰めていきます。

家族の勤務先への取り立て

顧客の会社へ取り立て電話を入れるケースも目立ちますが、顧客の家族が勤めている会社へ取り立て電話を行う闇金もいます。顧客本人に留まらず、家族の社会的立場まで悪くさせてしまう行為です。

子どもが通う学校がバレていれば学校への嫌がらせ

顧客に子供がいてその子供の学校が知られてしまっていれば、学校にまで取り立て電話が及びます。親の借金をバラして誹謗中傷するなどの行為も良くある事例です。

最初は本人に取り立て電話が及ぶ

闇金の利用者の中には「家族に借金の存在を内緒にしたい」という考えを持つ人が多いです。そのため闇金はこの心理を逆手に取り、「家族に言うぞ」という恐怖感を交渉材料にしたいと第一に考えます。
そのためいきなり家族へ通知をされることはなく、まずは本人を徹底的に脅迫する所から始まっていきます。

家族に被害が及ぶ前に対処するには?

家族への被害額代を防ぐためには専門の弁護士に相談する事が最適です。闇金対応に慣れていれば電話交渉を行うことでその日のうちに取り立て電話をストップさせる事も可能です。即日解決が困難であっても、多くの場合は数日のうちに事態は収まります。

闇金対応に強い弁護士は秘密厳守にも協力的

闇金は基本的に保証人の手続き等が不要です。そのため「家族に内緒でお金を借りられるから」という理由で闇金に手を出している方も少なくありません。
その後弁護士に頼って闇金との縁を切ろうとした場合、事態の終息まで秘密を貫き通したいという方がほとんどです。闇金対応を頻繁に行う弁護士や司法書士はそのような闇金被害者の事情を知っているため、「ご家族には内緒で解決したい」という要望にも協力的です。
家族に真実を知らせる事はまずありません。また必要であれば家族に対して「個人情報が洩れて闇金に悪用された」などとフォローを入れてくれるため、依頼人のプライバシーは完全に守られます。