質問者

闇金の借金は元本も返さなくて良いのは本当でしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金が貸し付けた金銭は、出資法に違反する利息を収受するという犯罪行為を目的として交付された金銭にすぎない事から、これは不法原因給付に当たります。よって闇金は、出資法違反の利息を請求する事が出来ないのは勿論、貸金元本の返還請求も出来ない、と最高裁の判決が出ている事から元本も返さなくても良いという解釈になります。ただし、これを知って居ながらお金を借りているならば不当利得とみなされ、罪に問われる可能性があります。

奥野弁護士奥野正智司法書士

元金も返す必要はありません。
ただし、返済しなければ報復行為として、嫌がらせを受けます。
闇金から借金してしまった場合は、速やかに専門の司法書士、弁護士に相談してください。

闇金の借金には元本含めて返済義務が無い

闇金との契約は無効

闇金から取り立てで追いつめられている人は、すでに相当な金額を言われるがまま振り込み続けていることがほとんどです。執拗な取り立てや家族などを引き合いに出した脅しなど、顧客を精神的に追い詰める手法で闇金は返済を命じてきます。
しかしそもそも闇金の借金とは返さなくても良い金です。闇金は違法な組織であるため、民法の観念に照らせば法的な返済義務そのものが存在しません。
闇金とは言え他人から金を借りた事に変わりはありません。しかし闇金がどんな人にでも金を貸す理由は、暴利を設定する事によって多額の利息収益を得られるためです。このような契約は公序良俗に反し、民法では公序良俗に反する契約を無効であると定めています。
契約が無効であれば当然利息が発生する事もありません。よって闇金から取り立てを請求されても利息を支払う必要はないのです。

不法原因給付

契約が無効であるため利息を返す必要がないことは明白ですが、最高裁判決ではその上さらに元金まで返済不要であると断言しています。
最高裁判決が出るまでの法律の立場では利息は払う必要がないものの、その反対に元金は返還しなければならないというスタンスでした。しかし平成20年に出された最判では闇金が行った元金の貸し付けは不法原因給付に該当すると認め、これによって利息の他に元金の支払いも不要となったのです。
不法原因給付とは、給付の根拠となる部分が法に抵触している事です。闇金の場合は元金を貸し付ける行為は暴利を貪るためであり、これは明らかに違法な根拠となります。
不法な原因による給付は返済しなくても良いとするのが民法の考え方であるため、平成20年の最高裁判決では闇金事件をこれに当てはめ元金と利息の両方ともを返還不要と宣言しました。

闇金と手を切る方法

闇金業者に自分で「支払わない」と伝えるのは危険

個人交渉はしない

闇金は違法業者であることは言うまでもなく、元利金を支払う必要がないことまでわかっていればどうにか自分で対処できそうな気分になってきてしまうかもしれません。
しかしもしもこう言った闇金に対する知識があったとしても、専門家に相談もなく一人で解決しようとするのは危険です。仮に闇金に対して違法性を主張して取り立てに応じなくなったとすれば、逆上した闇金から嫌がらせを受けてしまう可能性が高くなります。

家族を巻き込むリスク

闇金に自分の正当性を主張して取り立て停止を求める交渉をしたとすれば、自分自身に被害が降りかかるだけではなく周囲の第三者にも迷惑がかかってしまう場合があります。
闇金業者の厄介なところは融資の際に必ず担保を用意しておく事です。融資会社であれば担保を確保するのは当然のことですが、闇金の場合はこの担保の利用の仕方が悪質極まりありません。
闇金にとっての担保となるのは顧客の緊急連絡先です。家族であったり、あるいは会社であったり、本人にとって身近な存在を緊急連絡先として登録させます。そしていざ使者来が滞ったり取り立てに応じなくなったりした時に、この緊急連絡先へと標的を移して取り立て電話をかけ始めるのです。
無暗な交渉をした結果に闇金を怒らせ、関係のない第三者を巻き込んでしまう事も起こらないとは言い切れません。もしも顧客が「闇金は違法業者で支払い義務がないため借金はチャラだ」と主張したとすれば。闇金はその態度に逆上して「払わないのであれば家族に支払わせるまでだ」と強硬姿勢に打って出ます。
顧客は家族に内緒で借金をしているため、最初は単なる脅し材料としてそのような事を言っているに過ぎないケースもあります。しかしいつまで経っても支払いを行わないようであれば闇金も痺れを切らし、実際に家族や会社へと電話を入れてしまいます。
自分一人の判断でトラブルが飛び火するケースは少なくないので、多少の闇金の知識があるからと言え安易な行動に出る事は厳禁です。

闇金に強い弁護士の介入で早期解決できる

個人の知識は役に立たない

今の時代はインターネットやSNSが普及しているため様々な知識を吸収しやすくなっています。闇金トラブルに困っている人がまず頼る相手はインターネットである場合も多いでしょう。
しかしインターネットに記載されている事はあくまで基本情報です。その情報を上手く活用して闇金から逃れる事ができるかと言えば、ネットの記載情報を読んだだけにすぎない法律の素人には可能なはずがありません。
ネットに載っている情報を知識の一部として活用し、実際に闇金と適切な交渉ができるのはノウハウを持ったプロだけです。そしてそのプロとして最も的確な判断を備えているのが、闇金対応に特化している弁護士や司法書士になります。

交渉はプロに任せる

個人で母が絶たないどころか事態を悪化させてしまいがちな闇金対応も、専門のプロに任せれば即日解決も困難ではありません。
ただし弁護士に相談する前に自分で闇金に対して下手な交渉を行っていたとすれば、闇金も感情的になっている恐れがあるためなかなか引き下がらなくなってしまいます。そのためたとえ専門の弁護士を介入させたとしても交渉が難航し、事態がこじれてしまうことも考えられるでしょう。
闇金トラブルで悩んだ時は無暗な自己判断を行わず、第一に弁護士へと相談をする事が大切です。相談は早ければ早いほど良く、深刻な事態になる前に依頼に踏み切っておけば驚くほどスムーズに問題が解決します。