質問者

闇金の借金は元本も返さなくて良いのは本当でしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金が貸し付けた金銭は、出資法に違反する利息を収受するという犯罪行為を目的として交付された金銭にすぎない事から、これは不法原因給付に当たります。

よって闇金は、出資法違反の利息を請求する事が出来ないのは勿論、貸金元本の返還請求も出来ない、と最高裁の判決が出ている事から元本も返さなくても良いという解釈になります。

ただし、これを知っていながらお金を借りているならば不当利得とみなされ、罪に問われる可能性があります。

奥野弁護士奥野正智司法書士

元金も返す必要はありません。
ただし、返済しなければ報復行為として、嫌がらせを受けます。
闇金から借金してしまった場合は、速やかに専門の司法書士、弁護士に相談してください。

闇金の借金には元本含めて返済義務が無い

判決画像

闇金の借金は違法である為、契約が無効となり利息の返済をする必要がありません。

2008年の最高裁ではその上さらに元金まで返済不要であるという判決が出ています。
最高裁判決が出るまでの法律の立場では利息は払う必要がないものの、その反対に元金は返還しなければならないというスタンスでした。しかし平成20年に出された最判では闇金が行った元金の貸し付けは不法原因給付に該当すると認め、これによって利息の他に元金の支払いも不要とされたのです。

不法原因給付とは

不法原因給付とは、法律に基づかない貸し付けのことを表しています。法律を無視して行った貸し付けは法律に守られないという考え方で、民法708条に記されています。この不法原因給付という観点からも、闇金の借金は無効とされています。

返すつもりが無いのに闇金から借りてはいけない

怒っている闇金業者

闇金の借金が法的に無効だからと言って、最初から返すつもりが無いにも関わらず、闇金から金を借りてしまうと詐欺に問われる可能性があります。

それだけでなく、借りた元本を1円も返さないまま弁護士に駆け込むことで、闇金業者から「借りパク」目的だと判断され怒らせてしまうことがあるのです。

闇金業者を怒らせてしまうことで通常の闇金被害者よりも対応が長引いてしまう可能性があるだけでなく、業者からの嫌がらせを受けるリスクも当然あります。危険ですので、闇金から金銭を騙し取ろうとする行為は御止め下さい。

闇金に強い弁護士の介入で闇金問題は早期解決できる

闇金は弁護士が介入すると諦める

闇金に強い弁護士や司法書士は、闇金が嫌がるポイントを知っています。

例えば、闇金の持つ、口座や携帯電話を強制解約したり、警察と連携して闇金業者の摘発に向けて後押しをしたりと言った交渉材料を持っています。

闇金業者も、厄介な法律家の関わった顧客にこだわると、組織自体が摘発されて他の大勢の顧客を失うことになってしまう為、その顧客を諦めます。

闇金業者に自分で「支払わない」と伝えるのは危険

闇金の取り立て

闇金弁護士や司法書士が闇金業者に対して交渉を飲ませることが出来るのは、商売道具を使えなくしたり、警察との連携など「闇金が嫌がる武器」を持っているからです。

しかし、一般の方の場合、闇金業者としては敵に回しても怖くないため、正面から「法的に無効なので払うつもりはない」ということを伝えてしまうと、闇金業者を怒らせてしまい、本人から勤務先や身内など、闇金に知られている範囲内で嫌がらせを受けてしまう可能性があります。

一人で悩まずに、無料の電話相談を活用しましょう。

闇金弁護士が被害者から話を聞く様子

一人で不安を抱えてしまうと闇金業者から洗脳されてしまい、そのまま言いなりになってしまったり、追い詰められて闇金に何かしらのアクションを起こして闇金を怒らせて事態を悪くしてしまう危険性があります。

闇金業者から借りてしまったり、何か不安を抱えている方は、闇金に強い弁護士や司法書士が解放している無料相談だけでもしておきましょう。