質問者

闇金の借金は踏み倒せるものですか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

そもそも、闇金からの借り入れは法律上、返済する必要がありません、よって返済しなくても法律上問題はありません。しかし、真正面から「返済しない」方針を伝えたり、闇金からの電話を無視してしまうことで関係各所への嫌がらせが生じてしまいます。
出来るだけ早く、闇金対応の出来る弁護士へ相談されて下さい。

闇金からの借金は返済不要

闇金からの借金は法的に認められていないため、そもそも返済義務がありません。

2008年の最高裁では「闇金の借金は元本さえも返済しなくて良い」と解釈の出来る判決が出ており、以降、闇金に詳しい法律家は「闇金には元本さえも返済しない」という内容で対応しています。

闇金は専門の弁護士で取り立てを止める

闇金業者は、闇金に強い弁護士が介入することで取り立てを止めます。

闇金に詳しい弁護士は、闇金の商売道具である口座やスマホを凍結したり、強制解約することが可能な場合が多く、闇金業者にとって関わるだけデメリットが多い存在です。

闇金業者が何より恐れているのは逮捕

闇金業者は専門の法律家に関わることで警察から逮捕される可能性が高まります。

一般の方が闇金被害を警察に訴えても動かすのは困難です。警察は事件数に対して人数が足りていないという背景があり、どの都道府県に居るか分からない現代の闇金を捜査するのは大きなコストが掛かるために優先順位が低くなってしまいます。

しかし、闇金に強い弁護士が特定の闇金業者の情報を、警察が動きやすい様に共有することで、その闇金業者は警察から逮捕されてしまう可能性が高くなります。

一人の顧客を深追いして他の顧客を失うよりも、一人の顧客を損切りした方が金稼ぎの効率が良いという理由から、闇金業者は専門の弁護士や司法書士の関わった顧客を手離します。

ただし踏み倒す前提で借りるのは危険

闇金に強い弁護士や司法書士が介入することで、闇金業者は顧客から早ければ即日のうちに離れていきます。即日解決の割合は7割程度と言われています。

しかし、闇金に対して元本を1円も返さずに弁護士に駆け込むなど、「最初から返すつもりが無いのに騙し取るつもりで借金をした」と受け取られると解決が困難になることがあります。

闇金から金を騙し取ろうとすると、嫌がらせに遭う可能性が高い

闇金業者は貸付前に顧客の電話番号や住所はもちろん、勤務先や実家の情報などを「緊急連絡先」として回収しています。

闇金業者が回収する緊急連絡先は、顧客の支払いが滞ったり連絡が付かなくなった際に取り立ての矛先になるだけでなく、回線がパンクするほどの電話を受けたり、大量のピザの宅配注文といった嫌がらせを受けることも珍しくありません。

更に「最初から踏み倒すつもりで借りる」という行為は闇金業者を怒らせることにつながるため、通常よりも激しい嫌がらせが行われることが想定されます。

闇金を怒らせると弁護士が介入しても解決が難航する

通常、闇金業者は専門の弁護士が介入することで、取り立てや支払いを停止します。

しかし、「闇金業者を挑発する」「元本を1円も返していない」などの事情で闇金業者を怒らせていると、たとえ闇金に強い法律家でも解決が難しくなることがあります。

まとめ

  • 闇金の借金は法的に支払い義務が無い
  • 専門の弁護士の介入で、闇金業者は顧客から離れる
  • 最初から騙し取るつもりで闇金から借金するのは危険

闇金からの取り立てや支払いは闇金に強い弁護士が介入することで7割程度が即日解決しています。
ただし、最初から返すつもりが無いのに闇金からお金を借りて、元本を返さないまま弁護士に駆け込むと、闇金業者から詐欺の疑いをかけられ、激しい嫌がらせに遭う可能性が高くなります。

闇金の借金は弁護士、司法書士によって踏み倒しは可能ですが、闇金業者に返すつもりが無いのにお金を借りると言った行為は大変危険ですのでお止め下さい。