質問者

闇金に家族や会社の連絡先を緊急連絡先として伝えてしまいました。大丈夫なのでしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

闇金はそれら第三者の連絡先を人質にして請求をしてくるようになり、支払いが出来なければ問答無用でそれら第三者に連絡、嫌がらせが行く事はほぼ間違い有りません。

お金を借りているのか、いないのか、元本をどれだけ返しているのか、によって解決までの時間に差異はありますが、出来るだけ早く闇金対応のノウハウを持った法律事務所へ相談して下さい。

奥野弁護士奥野正智司法書士

返済が滞れば、まず間違いなく連絡が行きます。電話での嫌がらせは本人よりもこういった、家族・職場に行くことが多いので問題を放置せずに早めに専門の弁護士や司法書士へと相談されて下さい。

闇金が緊急連絡先を収集するのは何故か?

闇金に緊急連絡先を回収された被害者

闇金は顧客への融資の際、ほぼ確実に緊急連絡先と言うものを要求してきます。緊急連絡先とは闇金にとっての担保です。担保とは債務者が返済をできなくなった時の保証のようなものになります。そのため融資のための条件がほとんどないような闇金であっても、緊急連絡先の提示だけは必須としている事が通常です。

闇金による緊急連絡先の使い道
  • 顧客が払えない場合の取り立て先
  • 家族や会社にバラされたくなければ支払えという脅しの材料として

緊急連絡先として要求される連絡先は大抵が家族や勤め先です。これはいわば闇金の人質として成立し、顧客が払えない場合の代わりのターゲットにできるだけではなく、「家族や会社に借金をバラされたくなければ支払いをしろ」という脅し材料にも使えるのです。

支払いが滞れば、緊急連絡先である家族や会社へと取り立てが及ぶ

闇金の会社、家族への嫌がらせ

本人の支払いが滞った場合、闇金は緊急連絡先へ取り立て行為を開始する事になります。

この取り立ては本人に対して行っていたのと同様で相手が顧客の家族であっても、勤め先の会社であってもその手口はほとんど変わりません。

緊急連絡先に行われる取り立て・嫌がらせ

鬼電(おにでん)
一日に何十回にも渡るしつこい電話攻撃や何百枚ものFAXの送信により、回線をパンクさせる行為。30分~1時間に渡って継続し、勤務先に行われた場合、業務を継続することが難しくなる。
ピザなどを大量に届ける
ピザなどのデリバリーを大量に送りつけるだけでなく、救急車や消防車などを呼びつけたりする事もあります。
SNSなどで恥ずかしい写真を送り付ける
貸付前に顧客の裸の写真を遅らせる。同じく、LINEやSNSの友人リストを確認しておき、顧客の支払いが滞るとその写真を友人らに送り付ける行為。

 

闇金から借りていなくても油断は禁物

借りていなくても個人情報を知られていれば取り立てが生じる

キャンセル料請求について

融資の申し込みだけをして、途中でキャンセルをするパターンも中にはあります。しかしこの場合にも闇金からはキャンセル料を請求されることがあります。
これはもちろん支払う必要の無いお金です。そのためキャンセル料の請求電話が入っても無視していれば収まる事もありますが、すでに個人情報を知られている場合には慎重に対処しなければなりません。
口座情報を教えてしまっていれば押し貸し被害に遭うリスクが生じ、緊急連絡先を教えてしまっていれば、家族や会社に取り立て電話が入るケースは決して珍しくは無いのです。

(参考記事:闇金の申し込み後キャンセルに注意!嫌がらせを確実に防ぐ解決方法

ヤミ金は恐喝してお金が得られたら何でも良い

悪だくみする闇金

現在のヤミ金は「ヤミ金融」と、「金融屋」の体を装ってはいます。しかしその実態は無登録の違法業者であり、顧客を恐喝して金を搾取するだけの犯罪集団であると言えます。
闇金が被害者に金を請求する口実は様々です。キャンセル料、手数料などの名目で金銭を要求してきますが、一度でも支払ってしまうと「押せば金を払うカモ」だと判断されますので決して応じてはなりません。

闇金に嫌がらせをさせずに離れる方法

警察は動かないことが多いので注意!

闇金問題に動かない警察

(参考記事:闇金は警察に相談しても取り立てを止めない!その理由とは?

闇金問題で一般の方が警察に相談に行くと動いて貰えないことが多いです。闇金業者も警察が本腰を入れて摘発に乗り出してこないことを知っているので、嫌がらせを止めないだけでなく、エスカレートしてしまう可能性もあります。相談すること自体は無駄では無いかも知れませんが「被害者の望むように動いて貰えるのか?」ということを予め確認しておくことで「弁護士に相談するタイミング」を逃さずに済みます。

闇金と即日で縁を切ることが出来るのは一部の法律家のみ

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

↑闇金に強い弁護士が介入した後の闇金業者の心理↑

闇金に強い弁護士が介入した場合、闇金業者は取り立てを止めます。

闇金との交渉に特化した事務所であれば、闇金の摘発に向けて警察を動かすことも可能であるため、敵に回してしまうと闇金融自体が続けられなくなってしまうからです。

それだけでも十分なデメリットですが、その前段階で闇金の使うスマホや口座も強制的に凍結することも出来るため、闇金業者にとってはとにかくデメリットしかありません。

※闇金解決にかかる費用は5万円が相場

闇金の弁護士介入後の即日解決の割合

※Duelパートナー法律事務所の集計データです。

※当サイトの取材に協力して頂いている、Duelパートナー法律事務所が介入した場合、7割の業者が即日解決し、残り3割も1~3日程度で解決しているとのことです。

まとめ

闇金に強い弁護士

  • 闇金の緊急連絡先は人質の様なもの
  • 支払えなくなると緊急連絡先に対して連絡や嫌がらせが向かう
  • 例え借りていなくても緊急連絡先を知られていると標的にされてしまう
  • 警察では対応しないことが多い
  • 闇金に強い弁護士であれば即日解決が可能なのでまずは相談を

闇金が家族や会社の情報を確認するのは、「家族にバラされたくなければ支払え」という精神的なプレッシャーを与える為であり、実際に支払えなくなると家族や会社にも取り立てを行います。

この際に、闇金から借金をしていることが周りに分かってしまうことも社会的なダメージではありまが、そこから更に、勤務先に嫌がらせを行われてしまうと、最悪の場合会社に居られなくなってしまうこともあるのです。

闇金のことで少しでも不安を抱えている方は早めに闇金に強い弁護士に無料相談だけでもしておくと、緊急時に手遅れになるのを防ぐことに繋がります。