質問者

闇金に債権譲渡されたとのことで本日連絡が入りました。信じても良いのでしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

先にも述べたように、闇金からの借り入れはそもそも契約が成立していないので法律上の債務を負っている事にはなっていません。
すなわち債権が存在しないのです、よって債権を譲渡するという話し自体有り得ません。ただし、闇金は色々な主張でお金を巻き上げるのが仕事になりますので債権があろうかなかろうが譲渡されようがされまいがお構いなしです。
一度請求されるとお金を払うまで取り立て、嫌がらせを行ってくるのでそう言った場合はお早く闇金に強い法律家へご相談下さいませ。

奥野弁護士奥野正智司法書士

正規業者から闇金へ債権譲渡される事はありません。闇金業者から闇金業者へはあるかもしれませんが、そもそも譲渡されたであろう借金も違法貸し付けになります。

闇金の借金に債権は無い

そもそもの大前提として、闇金と交わした金銭消費貸借は法的に無効の契約です。契約が成立していない以上、闇金の元には金を貸した事による債権というものが存在していない事になります。
闇金業者は法的な権限がないにもかかわらず執拗な取り立てを行ってきます。しかし脅迫を真に受けてここで支払ってしまうと、かえって付け込むすきを与えてしまうことになるので要注意です。

闇金から「あなたの借金が譲渡された」という連絡が入ったら

闇金業者は人から金をむしり取るためであればいくらでも嘘をつきます。正規業者から闇金へ債権譲渡され、それによって現在自分たちが返済を受ける権利を持っているなどと連絡してくるケースもあります。
闇金業者はこのような嘘をついてでも、あらゆる口上でお金を巻き上げることを仕事にしている組織です。しかし実際には闇金への債権譲渡などあり得ません。闇金は登録をされていない違法な業者であるため、正規業者がこういった組織に債権を譲渡してしまうと自分たちが罪に問われる事となります。
「あなたの借金が譲渡された」という連絡は確実にウソであるため、軽々しく信じて言いなりになってはいけません。

支払ってしまうと何度も請求される

闇金を恐れて一度でも金を支払ってしまうと、闇金業者はその顧客を「強請ればお金を出すカモ」とみなします。その後はあらゆる口実を述べては金を要求してくる事になるでしょう。
そのため闇金から金銭の要求を受けたとしても、大人しく支払ってしまうのは回避しなければなりません。

請求された時点で被害を食い止める為に

闇金被害は早い段階での対応が求められます。ダメージを負わずに解決するには、闇金に強い弁護士に依頼する事が最善となるでしょう。
警察や公的窓口ではそもそも対応して貰えないケースもあります。公的窓口は弁護士の紹介が業務と鳴っていますが、そこに至るまでに面談の予約を挟む必要が出てきてしまいます。こういったデメリットが生じることはタイムロスの発生を意味するため、もたもたしている間に被害が拡大してしまう恐れもあります。
緊急連絡先を渡してしまっている場合には、ご家族や勤務先への取り立て電話が入るのではないかと言う不安もあるでしょう。そのような事態を防ぐためにも、まずは全国相談を受けている闇金に強い法律家に相談だけでもしておきましょう。
闇金に強い弁護士は最短で即日解決を図ることもできます。スピード勝負で交渉に臨んでもらえるため、家族や会社への被害が広がる前に事態を収束させられるのです。言いなりになって支払いを重ねてしまう前に、適切な対応を取る事が求められます。