質問者

闇金と関わって口座が凍結された場合、解除方法はありますか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

警察からの凍結要請であれば、まずは警察に凍結解除をして貰う、その後は各銀行が凍結を解除をするかの判断を致します。ただし、一度凍結を受けた口座を銀行側は解除してくれない可能性が極めて高いと言えます。

奥野弁護士奥野正智司法書士

警察、金融機関、口座凍結要請を行った法律職などに説明を尽くすしかありません。
ただ、警察庁が作成しているといわれる「凍結口座名義人リスト」に登録されると生活口座でも凍結され、その解除は非常に難しいのが現状です。

闇金への口座譲渡、売買は自分の首を絞める

闇金は顧客に対して自分名義の口座を開設し、その口座を闇金に対して譲渡するよう指示することがあります。
闇金の顧客は利息の支払いなどで常に追い詰められている状態にありますが、口座を譲渡すれば利息をただにすると言ったり返済日を待ってやると言ったり、甘い言葉で顧客の弱みに付け込みます。

あるいは口座を譲渡すれば見返りに数万円を支払うと迫る事もあり、闇金業者は金銭的な困窮者を狙った手口で他人名義の口座を収集しています。

口座が犯罪に使われ、名義人は共犯者として疑われる

しかしここで問題なのが、闇金が集めた口座は間違いなく犯罪に利用される事です。犯罪に利用された口座は顧客本人の名義となっています。つまり外観上は闇金の仲間のように見えてしまうため、最悪の場合には振り込め詐欺や違法貸付などの犯罪容疑が自らに降りかかってしまうこととなるのです。

口座を第三者に譲渡すること自体が犯罪行為

闇金の仲間に見えるかどうかは別としても、口座の譲渡と言う行為そのものが犯罪行為に該当します。銀行に対しての詐欺行為が成立するのに加え、口座の不正利用防止法などにも違反してしまうこととなります。
闇金の口車に乗せられてしまった結果、意図せず犯罪者になっている事もあるので要注意です。

闇金への口座譲渡によって起こる事

 

譲渡した名義人の口座が、全ての銀行で凍結する

闇金業者への口座譲渡をすると、場合によっては自分名義の口座が凍結されてしまうこともあります。闇金の被害を訴えられた警察や、相談を受けた弁護士は、被害金を回復するなどの目的で口座を凍結する手段を取る場合があります。このとき闇金が使用している口座が自分の名義になっていれば、必然的に自分自身の口座が使えなくされてしまうこととなるのです。

一度口座が凍結されるとその口座一つだけが使用不可能となるだけではなく、口座を凍結されたと言う事実が全国の銀行間で情報共有されます。口座凍結者はリスト化されてしまうのです。その結果として、どこの金融機関であっても以降の口座開設は困難となります。
銀行口座を持てない、作れないと言う事は、実際にその事態へと直面してみればどれだけ深刻な状況であるかが分かるはずです。しかしそれが現実になってからでは対処の使用がなく、日々の生活資金をやり繰りするための媒体がないだけではなく、会社からの給与振込先がなくなってしまったり、あらゆる支払いの引き落とし口座が使用不可になったりします。
一般的な社会人が普通の生活をするうえで銀行口座は不可欠です。その口座を利用した犯罪に少しでも巻き込まれてしまうと、後々に渡って社会生活の営みが困難となるでしょう。

逮捕されるリスクを背負うことになる

闇金業者に対して口座を譲渡する事によって、警察から逮捕される危険性が生じます。
闇金が行う犯罪行為に自分名義の口座が利用されれば、警察からの目も自分へとかかってしまうのもやむを得ません。銀行への詐欺罪なども成立してしまうため、闇金に騙されたと言って言い逃れする事は簡単ではないでしょう。

口座の凍結解除は困難

凍結した口座の解除は専門家でもできない

凍結してしまった口座でも専門家へ相談さえすればどうにか元に戻せるだろうと考えている人もいるかもしれません。しかしたとえどれだけ腕利きの弁護士に依頼したとしても、一度凍結してしまった口座を元の状態に戻す事は極めて困難な事となります。
そのためそのような事態を引き起こさないためには、闇金の口車に乗せられてしまわない事です。一度でも要求に応じてしまえば将来的に様々なリスクが発生してしまいます。闇金との繋がりは早いうちに根絶しておかねばなりません。

早い段階で予防的措置を

闇金業者に口座譲渡をしない事はもちろんですが、そう言ったトラブルに巻き込まれるのはそもそも闇金との繋がりがある人に限られています。
闇金業者から金を借りてしまった人は、状況が悪化する前に早い段階で弁護士に相談すると良いでしょう。弁護士は闇金からの取り立てを即日ストップさせる事も可能としていますが、それ以外にも発生し得るリスクを回避する事ができる専門家です。
口座譲渡によって警察に疑いの目を向けられてしまったとき、弁護士の助けがあればスムーズに解放してもらうことに繋がります。自分で自分の身の潔白を証明する事は難しいですが、弁護士によるフォローと正当な訴えがあれば逮捕のリスクは軽減させられるでしょう。
口座凍結のリスクに関しても、すでに凍結してしまったものを元に戻す事は困難です。しかし口座が凍結される前の段階で弁護士に相談しておけば、トラブルに巻き込まれる前に最善の対応を取ってもらう事ができます。