質問者

闇金の押し貸し(おしかし)はまだ行われていますか?このお金は返さなくても良いのでしょうか?

正野弁護士正野嘉人弁護士

現在も押し貸しの被害相談は多いです。

法律上、この押し貸しされたお金はお返しする必要はありませんが、闇金が赤字のままで終わらせてくれる可能性は極めて低いです。

少しでも穏便に済ませたいと言うお気持ちなら弁護士を通してその額を返却すると言った交渉を致します。穏便に手を引いてくれる可能性は高くなります。

奥野弁護士奥野正智司法書士

押し貸しはあります。
貸し付けを目的としている場合、返済の必要はありませんが、取立が始まってしまうので心当たりがあればすぐにでも司法書士、弁護士に依頼した方が良いでしょう。

闇金の押し貸しは現在も良く行われている手口です。

押し貸し

押し貸しに遭うパターン

  • 闇金に申し込み、途中でキャンセルするも無理やり振り込まれる。
  • 完済したにも関わらず無理やり振り込まれ更新扱いにされる。
  • 以前使っていた闇金と同一グループの業者から振り込まれる

「押し貸し(おしかし)」とは、闇金から無理やり口座にお金を振り込まれ、利息を請求される手口のことです。

闇金に申し込んだ後に怖くなり、「やっぱり止めます」と伝えるも無理やり振り込まれて利息を請求されたり、完済後に無理やり振り込まれて利息を請求されます。

身に覚えの無い振り込みの場合

  • 過去に闇金を利用しており名簿がグループ内で共有されている
  • 闇金の運営するローン審査のサイトに個人情報を送っている

以前闇金をつかったことがある場合、同一グループの業者に名簿が渡っている可能性が高いです。

その為、闇金の顧客には名簿を使った勧誘が良く行われるのですが、中には無理やり口座にお金を振り込んで利息を取り立てる業者も居ます。

また、闇金が運営しているローン審査のサイトに個人情報を送ってしまうと、同じくそのグループ内で名簿が共有され押し貸しに遭う確率が高くなります。

 

押し貸しされたお金は返さなくても良いのか

押し貸し対策

法的には返済不要だが、お金を取っておいた方が早く解決できる

法律上、闇金から押し貸しされたお金は返済する必要がありません。

しかし返済義務がないからと言って、押し貸しされたお金を好きなように使ってしまって良いという訳でもありません。

弁護士を通して交渉する際、押し貸しされたお金は闇金側に返済した方が交渉が穏便に済む傾向があります。反対に勝手に使ってしまっていると闇金が逆上してくるケースもあるため、口座に入ったお金はそのまま残しておく方が無難です。

押し貸しを無視、放置すると家族や職場にまで嫌がらせが及ぶ

闇金の会社、家族への嫌がらせ

  • 押し貸しを無視すると被害が拡大する
  • 家族や職場の連絡先を知られていると取り立ての対象になる

闇金に家族や会社の情報を渡してしまっている場合、特に慎重に対応しなければなりません。

闇金業者は本人と連絡がつかなくなると、ほぼ確実に家族や会社へと取り立てを行うからです。

例えば、会社への嫌がらせは30分~1時間に渡って数人で電話を鳴らしたり、FAXを数百枚送ることで回線をパンクさせます。

本人の職場だけでなく、家族の職場までもが対象になってしまう可能性もある為、関係各所の情報を知られている状態で、闇金の連絡を無視する行為は非常に危険です。

闇金の言いなりになって利息まで払うと、何度も金を請求される

闇金業者に一度でも払うと何度も請求される

すぐに闇金から言われるまま金を振り込んでしまうと、何度も金銭を請求される危険性があります。
闇金にとって金を支払う顧客は良い「カモ」です。少し脅せば支払う相手だと思われてしまうため、一度でも言いなりになってしまうと返済の請求が延々と続く事になります。

その返済額は言うまでもなく高利によって膨らんだ額となるため、押し貸しを受けただけで最終的に大きな損失を被ってしまう事もあります。

警察に相談しても解決しないことが多い

闇金問題に動かない警察

闇金問題を警察に相談しても対応して貰えないケースが多いです。(参考記事:闇金は警察に相談しても取り立てを止めない!その理由とは?

稀に警察から警告電話をかけて貰えることもありますが、警察が最後まで被害者を守ってくれる訳ではありません。

闇金業者も警察が本格的な捜査をしないことを知っているので、一時的に言う事を聞いた振りをして、嫌がらせを再開させます。

その際に嫌がらせがエスカレートしてしまう可能性もある為、注意が必要です。

闇金から最短で逃れる解決方法

  • 闇金に強い弁護士が介入すると闇金は取り立てを即日で止める
  • 解決までの費用は5万円程度(分割払いが使える)

闇金に強い弁護士の介入後の闇金の思考

上記は闇金に強い弁護士が介入した後の闇金業者の考え方です。

闇金に強い弁護士は、闇金の商売道具である口座や携帯(スマホ)を使用不能にすることが出来ます。

また、闇金にとって最も厄介なのが、一般の個人では動かすことが難しい警察を、闇金業者の摘発に向けて動かせるということです。

闇金業者は、闇金融というビジネスそのものを潰されることよりも、厄介な弁護士が関わった顧客を諦めることを選ぶという訳です。

その後、押し貸しに遭わない為に

再び押し貸しに遭わない為に、被害に遭った口座は解約しておいた方が無難です。

「闇金から振り込まれた」というだけで警察から闇金業者の共犯だと疑われたり、そのまま口座を凍結されてしまうと名簿が全国銀行協会で共有されてしまい、日本全国で口座が作れなくなってしまう恐れもあります。

押し貸しの問題が解決したら、出来るだけ早く担当の弁護士の指示に従い、口座を適切に処分しておきましょう。

まとめ

  • 押し貸しされたお金は使わずに取っておくと解決までが早くなる
  • 闇金の取り立てを無視すると被害が拡大する
  • 闇金に利息を払ってしまうと何度もお金を請求されることになる
  • 警察は個人の闇金相談に動いてくれないことが多い
  • 闇金に強い弁護士であれば即日で取り立てを止めることが出来る

押し貸しの被害に遭ってしまい、既に闇金から支払いの督促をされている状態なのであれば、闇金に強い弁護士にまずは相談だけでもしておきましょう。

費用に心配がある場合でも、負担の無い分割払いの相談に応じてもらえるはずです。

1人で悩んでいるとどんどん追い込まれてしまい、闇金業者の言いなりになってしまいます。

その結果、「スマホや口座を闇金に渡す」「他の顧客の口座にお金を振り込む」などの軽犯罪を手伝わされてしまい、後々の人生に支障をきたしてしまう可能性もあるのです。※弁護士には守秘義務があるので、その様な行為をしていても相談は出来ます。

この記事を読んで頂いた方が、無事、問題を解決されることを願っています。